管理職養成12回コース

『作業療法の効果=作業療法+◯◯ その39』

みなさん
こんにちは
関東支部の脱サラOTの加藤です。

 

前回からIAIR概念に基づいたテクニックを
どのように組み合わせるとよりいいのか?
について書いていますが・・・
如何でしょうか?

前回は脊柱と胸骨へのアプローチをご紹介し、
体幹の伸展の促し方をお伝えしました!!
テクニックの順番はやってみて痛みの少ない方からやってみてくださいね!!

 

さてさて、
今週のテーマに行きましょう!!

体幹の伸展が出たのに
リーチでの上肢の操作性が・・・25dc4cdced2d110e1ca38df6eff9a0da_s
って方いませんか?

アプローチしてもらいたいポイントがあるのです!!
テーマは
『作業療法に必要な上肢の操作性を出すには!?』
です。

 

それは・・・

 

上肢の操作性は
肩甲帯の動きがあることがとても重要ですよね!image
その肩甲帯がうまく働かない・・・
っとなったら、上肢が操作しにくいに決まってます!!

上肢セミナーでお伝えしています
肩甲胸郭関節のリリースと小胸筋リリース

組み合わせてみてください!!

 

順番は
肩甲胸郭→小胸筋
です。

 

これにより、肩甲帯の動きが確保され
趣旨の巧緻性まで向上することが多いですよ!
この後に
・リーチングac81a73faff05acbc50fbd92dd3953cb_s
・把握動作
・サンディング
・ADL訓練
をすると、動かしやすなり、
患者さんも楽しく、生活の中で使いやくなりますよ!!

 

是非試してみてくださいね!!
最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆さんが自信を持って
作業療法を実施できる様サポーターとして
活動していきたいと考えてます。

 

追伸:
昨年、大好評を頂きました。OT限定セミナー、OTの人たちに自信を持って作業療法が実施できるよう、作られた内容です。
作業療法の脳科学的なお話ももちろん、作業療法をどうすればより効果的にするかのお話もします。
【OTのOTによるOTのためにセミナー】
11月5・6日(土日)
東京メディカルスポーツ専門学校
詳細はこちらから
http://iairkanto.jp/seminars/otseminar/

 

IAIR関東支部
認定インストラクター
作業療法士
セロトニントレーナー
加藤淳

 

[IAIR 関東支部フェイスブック] いいね!を押して連載コラムをチェック!
https://www.facebook.com/iairkanto

 

 

IAIR公式メルマガを購読してみませんか?

  • 各執筆者のコラム
  • 最新セミナー情報
  • 先行インサイダー情報
  • 格安DVD割引情報

などが配信されます。

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

作業療法士免許を取得後、約5年間介護老人保健施設にて通所・入所のリハビリを従事する。その中で、機能回復ではなく『残存機能をより生活に中で使える能力に落とし込む』をテーマに維持期のリハビリテーションを実施し、多くの利用者様・ご家族様から支持される。
現在は臨床現場を離れ、療法士が自信を持って元気に働けば、世の中はよりよくなる!の信念のもと、都内にて療法士に向けてのお悩み相談室を開催し、多くの療法士から支持を得ている。