管理職養成12回コース

『作業療法の効果=作業療法+◯◯ その34』

みなさん
こんにちは
関東支部の脱サラOTの加藤です。

前回より、テーマを戻し
作業療法をメインとしています!!

読みました?
ねぇ、読んでくれました?

 

先日のセミナーでは
『読んだ人~』って聞いたら
手が上がらなかった・・・

 

さてさて、本題に戻すと
前回のテーマはeca39dfc893a26ddd502014d3e958045_s
『肩疾患に対する必要な作業療法のやり方』

でしたね。

痛みをなくしてから、
両手ででしかできな動作!!

これによって生活の中で利用しやすい
肩関節の再獲得が可能となります。

両手しかできない動作って他にあります?
と会場で質問があったので、
今回はその質問に答えていきましょう。

テーマは前回の続きで
『肩疾患に対する必要な作業療法のやり方 その2』
です。

 

それは・・・

 

まずは、痛みが強い場合は
必ず上肢セミナーでお伝えしていますDSC_0595
肩甲上腕関節の調整テクニックを試してくださいね。

DSC_0595

クリアランスが取られ、
周囲の筋緊張が調整されますよ!!

そのあとに、
どうしても痛みのない肩で代償するため、
両手でしたできない動作をやっていただく!!

という流れでしたね。

 

この両手動作
前回は洗濯物とお話ししましたが、
その他としては私がやっていたのが、c5eaab45128e2b8f7057f94e5b253386_s
・書いた習字の展示をしてもらう(紙を把持しながら画鋲で止めるため両手)
・わざとその人の生活用品を高い棚に乗せる(扉を開きながら取るため両手)
・掃除を一緒にする
・茶碗を一緒に洗う

などなど
ちょっとした工夫・環境調整でいろいろ出来ますよ!!

 

是非試してみてくださいね!!
最後まで読んでいただきありがとうございます。

皆さんが自信を持って
作業療法を実施できる様
サポーターとして
活動していきたいと考えてます。

 

追伸:
昨年、大好評を頂きました。
OT限定セミナー、OTの人たちに自信を持って作業療法が実施できるよう、作られた内容です。
作業療法の脳科学的なお話ももちろん、作業療法をどうすればより効果的にするかのお話もします。

【OTのOTによるOTのためにセミナー】
11月5・6日(土日)
東京メディカルスポーツ専門学校
詳細はこちらから
http://iairkanto.jp/seminars/otseminar/

 

IAIR関東支部
認定インストラクター
作業療法士
加藤淳

 

[IAIR 関東支部フェイスブック] いいね!を押して連載コラムをチェック!
https://www.facebook.com/iairkanto

 

 

IAIR公式メルマガを購読してみませんか?

  • 各執筆者のコラム
  • 最新セミナー情報
  • 先行インサイダー情報
  • 格安DVD割引情報

などが配信されます。

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

作業療法士免許を取得後、約5年間介護老人保健施設にて通所・入所のリハビリを従事する。その中で、機能回復ではなく『残存機能をより生活に中で使える能力に落とし込む』をテーマに維持期のリハビリテーションを実施し、多くの利用者様・ご家族様から支持される。
現在は臨床現場を離れ、療法士が自信を持って元気に働けば、世の中はよりよくなる!の信念のもと、都内にて療法士に向けてのお悩み相談室を開催し、多くの療法士から支持を得ている。