第三回IAIR学術大会10/28.29

『作業療法の効果=作業療法+◯◯ その33』

みなさん
こんにちは
関東支部の脱サラOTの加藤です。

前回までのテーマはCVAの方への作業療法を
どう効果的にするかの話をしていました。

 

今回より、
テーマを戻して
IAIRのテクニックと作業療法をつなげていきますよ~
さて、今回は肩疾患に対する作業療法です。

 

d5843be17ae49c25e522c3c10c71a66f_sテーマは

『肩疾患に対する必要な作業療法のやり方』

です。

 

それは・・・

 

肩疾患・・・
みなさんが臨床では肩周囲炎の肩を多く見ているのではないでしょうか?

eca39dfc893a26ddd502014d3e958045_s・痛みが強くて、夜ねれない
・何度も痛みがぶり返してくる
・とにかく湿布!!
とうい人が多いのでは?

その場合、まず見ていただきたいのが
周囲の筋緊張ですね。
特に肩甲上腕関節周囲の筋緊張です。

 

肩甲上腕関節のクリアランスがないと、
周囲の筋緊張が亢進し、
疼痛が発生します。

そこでやっていただきたいのが
上肢セミナーでお伝えしています
肩甲上腕関節の調整テクニックです。

クリアランスが取られ、周囲の筋緊張が調整されますよ!!
その痛みがなくなってから

 

必要なのが作業療法ですね。
肩の痛みの人への作業療法はみなさん痛みのない肩で代償してしまい
うまくいかない・・・
なんてないですか?

9f5942d7e36c2e0b5b79c626b8ffab49_sその場合は
両手ででしかできない動作

をしてもらいましょう!!
洗濯を干す練習などいいですね!

 

作業は目的があるので、
疼痛への意識もずらすことができます。

私は、そこをビデオに撮ってフィードバックしてました
『あれ?私こんなに上がるの?』
っと利用者さんは驚いてましたよ(笑)

 

是非試してみてくださいね!!
最後まで読んでいただきありがとうございます。

皆さんが自信を持って
作業療法を実施できる様サポーターとして
活動していきたいと考えてます。

 

追伸:
昨年、大好評を頂きました。
OT限定セミナー、
OTの人たちに自信を持って作業療法が実施できるよう、作られた内容です。
作業療法の脳科学的なお話ももちろん、作業療法をどうすればより効果的にするかのお話もします。
【OTのOTによるOTのためにセミナー】
11月5・6日(土日)
東京メディカルスポーツ専門学校
詳細はこちらから
http://iairkanto.jp/seminars/otseminar/

 

IAIR関東支部
認定インストラクター
作業療法士
加藤淳

 

[IAIR 関東支部フェイスブック] いいね!を押して連載コラムをチェック!
https://www.facebook.com/iairkanto

 

 

IAIR公式メルマガを購読してみませんか?

  • 各執筆者のコラム
  • 最新セミナー情報
  • 先行インサイダー情報
  • 格安DVD割引情報

などが配信されます。

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

作業療法士免許を取得後、約5年間介護老人保健施設にて通所・入所のリハビリを従事する。その中で、機能回復ではなく『残存機能をより生活に中で使える能力に落とし込む』をテーマに維持期のリハビリテーションを実施し、多くの利用者様・ご家族様から支持される。 現在は臨床現場を離れ、療法士が自信を持って元気に働けば、世の中はよりよくなる!の信念のもと、都内にて療法士に向けてのお悩み相談室を開催し、多くの療法士から支持を得ている。