管理職養成12回コース

引き起こしってできますか?【四十の手習い⁉︎◯◯に学ぶ臨床教育】(05)

四十の手習い
四十の手習い?!○○に学ぶ臨床教育

From:IAIR副会長 齋藤 信

そういえば……
皆さんは普通自動二輪免許を取るとき、
引き起こしを最初にやるって知ってますか?

バイクをわざと倒した状態にして、
そこから起こす!
ただ、起こすだけ。

僕の妻が先に大型二輪免許を取っていたこともあり、
初日のその光景をニヤニヤしながら見られていたという記憶があります。

どうですか?

もしあなたが引き起こしをしなければならない状況になったら……
できそうですか?

 

Let’s Challenge! HIKIOKOSHI!

この引き起こし……
初日に一緒になった高校生?2人より先にやることになり、
大丈夫かな~とか思いつつ、やってみたら意外とすんなり。

引き起こし

後で妻から「なんでできるの~!!」と悔しがられました。

案の定……と言うと若者たちに失礼ですが……高校生たちは難儀してました。

さて、なぜ僕ができて、体力的にも熱意的にも溢れている高校生ができなかったのでしょうか?
まあ、それはね。色々使いましたよ。技ってヤツを。

 

なぜ若者が引き起こしできないのか?

僕がどんな技を使ったのか……はひとまず置いておいて……
大きな問題だったのは、彼らの重心位置が胸にあったこと。

まだ頭にないだけよかったと思いましたけどね。
……あ、ここで基礎運動学とかに書いてある人体の中心と重心の位置を思い浮かべた方……
勉強できたんですね~とか言うと頭に血が上ってしまいますね。失礼!

 

重心位置は動くもの?!

僕は重心位置を骨盤より下に落としました。で、やった事と
それを詳しく学べるのがTuneUp講座って奴なのですが……
まだ受けていない療法士がいるなら、受けた方がいいですよ。
日本で生きている限り、活用する場面がふんだんにありますからね。

じゃなかった。

まあ、僕がその場でした事といえば、グラウンディング。
運動学などで聞き馴染みのある言葉でいえば、床反力です。
バイクなんて200kgもあるんだから、持ち上がるハズがない!

自分の体重以上のモノを動かそうとするなら、
地球を押す力がそのまま操作する力に変えないとね。

 

見ただけでわかってしまう。

先に案の定と言ったのは、彼らがバイクを持ち上げようとしていたから……ではなりません。

言語化はちょっと難しいのですが、フワフワとした歩き方をしていたんですね。
路面に粘らないと言うか。

ですが、ある程度仕方ないのでしょうね。
今や、肚で感じるのではなく、頭で感じる人が蔓延する時代。
グラウンディングする機会もなく、教えてくれる人もいないのでしょうね。

今日、このタイミングで僕のコラムを読めたのもいい切っ掛けかもしれませんよ。
少しだけ、自分の身体の使い方を見つめてみてはいかが?

 

ということで、今日はここまで。
また次回もお楽しみに。

副会長齋藤信
IAIR副会長 齋藤 信

追伸

使った技は全てIAIRで学んだもの。
療法士は歳をとったらできない仕事……と前の職場の先輩が言ってました。
でも、そんな事はない、ですね。全部自分次第!

PR

新作動画教材「療法士の為のマーケティング入門」をリリース!
現在、8月19日まで先行割引で14,800円9,800円税込で提供中!
>>> http://saito-makoto.jp/post_lp/th_marketing/

 

メルマガ登録しませんか?

今後、週2回ペースで四十の手習いメルマガを配信します。
第1号から順番に配信となりますので、復習も兼ねてバックナンバーをお楽しみください。
今日、登録すればリアルタイムで最新記事を購読できます。

また、臨床共育、マネジメントに関する最新情報、
新講義・教材情報も一番最初にお知らせします!

 
四十の手習い

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。