管理職養成12回コース

2016年オススメ講義

From:IAIR関東支部代表 齋藤 信

 

みなさん、こんにちは。

新年になり、あっという間に1月が終わろうとしています。

時の流れは、年齢とともに早く感じると言いますが、まさにこの感覚なのでしょう。

 

【 少年老い易く、学成り難し 】

 

という言葉が、今年39歳の僕には身に沁みてわかります。

既に僕は志すことが決まり、学ぶ方向と発信する方向があるのでいいですが……

皆さんはどうですか?

 

もし、まだ迷っているのでしたら、この2016年に改めて、

「私はリハビリを通じて何をしたいのか?」

を昨年以上に真剣に考えてみてください。

 

あ、でも、多分考える材料が足りない方もいるでしょうね。

今、何も思いつかないということは、あなたの頭の宝箱の中身がまだ空っぽで、何を入れようか迷っているからです。

そう、それは可能性。

 

あなたはあなたの選択次第で、2016年を大きな飛躍の年にすることも、昨年と同じ1年にすることだってできます。

あなたは、どちらも手に入れることができるんです。

どちらも確実に手に入るとしたら、どちらがいいですか?

宝箱

 

 

僕らIAIRは、セラピストが最高の脇役としてスポットライトが当たる事を夢見て活動をしています。

でも、それを実現するには、一方的に、講師→受講生という構図での学びには限界があります。

 

講師だって、イントラだって、受講生さんたち、ひいては患者さんだって、一緒に学ぶ。

IAIR関東の2016年のテーマは「共育」です。

この2016年、IAIRとリハビリをよりつなげるために、認定講座以外にも様々な内容の学習講座を準備しました!

ぜひ、あなたも共に学び、一人一人の療法士が患者様の健康と人生を共にコーディネートし、共に歩ける存在に成っていきましょう!

 

IMG_1031
代表 齋藤 信

 

2016年 IAIR関東講座ラインナップ

IAIR新人教育プログラム

 IAIRではテクニック入門編として体験型セミナーを定期的に開催しています。多くの方はIAIR認定講座に進まれますが、新人さんはまだ現場で求められている事や、ご自分のなかでの判断基準が曖昧なことから自信をもって学ぶ方向を選択できずにいます。そこで、新人さん向けとして「3年目までに知っておきたい」基礎的な内容を月1〜2回ずつ提供していきます。

 

MART(メディカル・アロマ・リハビリテーション・セラピスト)養成講座

 アロマを臨床現場で活用し、患者様のリハビリパフォーマンスをアップさせる香りの利用法を学びます。進学する事で、環境設定、ハンドトリートメント、心理アプローチ等の基礎、応用、患者様やご家族、職場内での指導法を伝授します。

 

IAIR認定講座

 IAIRの鉄板プログラム。ベーシック1は体幹の骨格系、筋膜系アプローチの習得と、リハビリ効果を底上げする触診法と身体法の習得をします。ベーシック2は上下肢それぞれの骨格系、筋膜系アプローチを習得します。つまり、人体の頭部以外の全てを一通りアプローチできるようになる学習コースです。

 

 

IAIR公式メルマガを購読してみませんか?

  • 各執筆者のコラム
  • 最新セミナー情報
  • 先行インサイダー情報
  • 格安DVD割引情報

などが配信されます。

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。
IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。
2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。
より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。