第三回IAIR学術大会10/28.29

間もなく!!【第4回女子会開催】

From:女子会部長 さとみん

 

こんにちは!

関東女子会部長の さとみん こと

認定インストラクターの中澤里美です^ ^

 

IMG_9927 

昨日は、IAIR認定講座 上肢セミナー③東京会場に行っておりました。

今日は、そこで聞かれた練習生さんの声をご紹介します♫

 

「上肢①,②から1ヶ月やってみたけど、今まで全然違うところ触ってました!!( ̄▽ ̄)

復習できて良かったです。」

「なんか段々苦手なやつってやらなくなっちゃうんですよねー(´・_・`)」

「今日やり方の確認ができて良かったです!!」

 

 

などなど。。。

 

まとめると、

共通してみなさん考えていることは

  • ・復習が大事だけど、1人でやってみるとあっているか不安。
  • ・苦手または効かせられるないから使わないテクニックがある。

ということでした。

………

…………

わかります!!!!

 

 

私も練習生時代はそんな感じで、

不安でいっぱいでした。

 

ですが、ひたすらテクニックをやり込み

今にいたります。

 

 

でも、、、

やりこむだけでは中々、上達もしないし

モチベーションも上がりにくいですよね??

 

 

そこで、

女子会では

  • ・テクニックの復習がしたい
  • ・自分のからだを良くしたい
  • ・タッチがうまくできるようになりたい
  • ・この患者さんで困っている
  • ・ベーシック3に進みたいけど迷っている

という方向けの女性セラピスト向けの復習会です。

 

関東女子会では、

  1. ・悩みのシェア
  2. ・自分自身のからだの調整の体験やアドバイス
  3. ・今まで学習してきて、苦手なテクニックの復習

この3つを行なっています。

 

 

ですが、

前回のメルマガにも書いたように

「女子会に定義なんてない」

ので、日程の合う方は是非一度ご参加ください(∩´∀`∩)

 

日時:11/1(土) 19時~21時

場所:IAIR関東コンディショニングルーム

京王線 代田橋駅より徒歩5分、京王井の頭線 明大前駅より徒歩12分

URL→http://iairkanto.jp/アクセス

(東京都杉並区和泉1-4-8ラ・ポルタ・イズミ403号室)

 

内容:

ベーシック1.2.3のテクニックの復習

自分のからだのメンテナンス

その他 

参加費用:2000円

①名前

②所属と経験年数

③電話番号

④女子会でやりたい内容や相談したいこと

を明記の上、

clarte◆◆iairjapan.jp(◆を@に変換してください)

までメールを送信してください。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!!

 

中澤里美
IAIR認定インストラクター 関東女子会部長 中澤里美

 

 

p.s.

今年度のベーシック1.2の講座の開催はそろそろ終わりに近づいておりますが、

まだ脊柱セミナー、筋膜セミナーを受けていない…というあなた!

11月8日土曜 脊柱セミナー1.2

11月9日日曜 筋膜セミナー1.2

はまだ若干の空席がありますので、来年まで待てない!という方はこの機会に受講することをおすすめします。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!!

 

see you next time!!!

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。