管理職養成12回コース

重心・関節モーメントの見方と臨床へのつながり①

FROM:藤田智史

 IAIR認定インストラクターの藤田智史です

 

前回、簡単に関節モーメントの話を載せましたが

http://urx2.nu/eCbn

 

重心を見ることで臨床上とどのような関わり合いが出てくるか?

 

今回からは重心、関節モーメントが臨床上どのようなかかわりを持ってくるかをご紹介していきたいと思います。

 

 福井勉先生1)の著書の中でも記載されていますが、

 

 臨床的には関節モーメントは,

 

「現在考慮する関節から上部にある質量中心位置が,水平面上その関節からどの程度離れているか」

を評価していきます。

 

下記のたれ耳うさぎの場合、支持基底面を構成している足に対してみてみますと、

無題 

(詳しい関節の位置が写真では見えないので今回誤差はご容赦ください)

座っている状況では

 

4本足にそれより上の重量がかかり、支えていることになります。

 

その4本足で構成される支持基底面の中に重心が位置することになります。

 

無題1

 立ち上がると

 

 後ろ足のみ(殿部もついてますかね…)で支持基底面が構成されています。

 

 この姿勢を取る際には前足も含めた、後ろ足から上の重量がかかってきます。

 さらに、重心位置の変化も起こってきますね。

 

 特に上の質量はやや前方位に傾いているので、前に倒れようとする力が働きます。

 そのためその力に抗するように後方へ動かす力を発生させる必要があることになります。

 

 その力の大きさは緑の矢印部分の大きさによって変化してきます。

 (もちろん、支持基底面の広さが変わるのでそのことによっても後ろ足にかかる負担は増えてきますが)

 

 おそらくこれ以上前に傾くと、支持基底面から重心が外れる、もしくは後ろ足のみでは重心位置がもたらすモーメントに抗する力を発揮できない状態となり、この姿勢は保持できない状態になります。

 

 

 見たままの解説になっていますが、人の体に当てはめてみるとどうでしょうか?

 

 今回の写真では足の部分に関してのみ見てますが、どんな静止立位を取ることで股関節、膝関節、足関節にどのように力が必要で、どんな負担が予想されるか?

 

 このことについて、重心位置と関節モーメントを使いながら見ていきたいと思います。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

追伸

先日、SENSTYLE 代表取締役の国中優治先生

WALK RUN PROJECT店長の今林伸司先生

によるICHIRYU Project 足底板セミナーが開催されました。

http://urx.nu/ezPq

 

ご興味のある方はこちらもご覧ください!

株)SHIFT (訪問看護ステーション ラシクアーレ)

http://www.hokoru.com/

株)ISIGN(歩行リハビリセンターHokoru )

http://www.la-chic-ale.com/

ICHIRYU Project(WALKRUN Project)

http://walkrun-project.com/

 

追伸2

今回のモデルは写真を撮りたいと思った時には目的の行動をなかなかしてくれませんでした(笑)

 

///////////////////////////////////////////////////////
—●○
 IAIR 認定講習会の案内 ○●—
///////////////////////////////////////////////////////

IAIRのセミナーを体験してみませんか?
・【機能的な体幹を獲得するための徒手&促通テクニックセミナー】

開催日時 2016年12月17・18日(土・日) 両日10:00~16:00

残席わずか!
12/16 18:00まで受付中!

会場:砂町文化センター 和室
(〒136-0073 東京都江東区北砂5-1-7)

詳細はこちら
》》》http://iairkanto.jp/iaircore/

【臨床で確実に結果が出せるIAIRコンセプトに基づくテクニック集セミナー】
開催日時 2017219日(日) 10001600

会場:東京メディカルスポーツ専門学校
(〒134-0088 東京都江戸川区西葛西3-1-16)

詳細はこちら
http://iairkanto.jp/seminars/nintei/beginer/

OTOTによるOTのためにセミナー】
4月15・16日(土日)
詳細はこちらから
http://iairkanto.jp/seminars/otseminar/

 

参考文献:

山口光圀ら著(2009) 結果の出せる整形外科理学療法学  メジカルビュー社

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す