管理職養成12回コース

身近なことから始めるSTG

From:IAIR関東支部認定インストラクター 大塚 久

 

みなさんこんにちは!!iStock_000007422541Medium

モヒカンのあいつ、こと

IAIR関東支部認定インストラクターの大塚です。

 

 

みなさん、前回までの内容

実践してみましたか?

 

奥さんいないから、彼女いないしなんて言ってませんか?

 

 

 

実はこれ、患者さんにも応用可能です。

  ① 自分のできること、できないこと(問題に対するアプローチ法等)を理解して

  ② 患者さんの主訴を聞いて

  ③ 主訴が改善したらどうなりたいのかの目標(LTG)を設定してリハビリを行う。

 

 

一見当たり前のようですが、

意外と忘れてしまいます。

 

忘れると3回前の僕みたいになってしまいますよ。

(メルマガ第3回余計なお世話)

 

 

さて、大きな目標ができても

達成するまでの期間が長すぎて

心が折れそうになることありませんか?

 

 

そんなときは

”身近な目標を立ててみましょう!”

 

STGってやつですね

例えばパートナーとの共通の目標が「年収アップ」だとします。

「年収アップ」するにはあなたが務めている病院にとって

「あなたがいなければうちの病院はやっていけない!!」

と思ってもらわなければなりません。

 

 

そのための一番わかり易い評価が「患者さんからの評価」です。

 

 

患者さんに「○○先生だから来ているのよ、いなくなったらもう来ません!」

と診察の時に院長先生に言ってもらえるようになると最高です。

(ほんとはこの病院のリハビリだから来てるのよ!
 と言ってもらえる自立したリハビリ科になるのが理想ですが)

 

 

「患者さんからの評価」を上げるには「患者さん要求に答える」ことが必要です。

 

 

「患者さんの要求」はほとんどが身体の不調を改善することですよね。

「体の不調を改善」するには治療の技術が必要です。

 

 

 

「治療の技術」は認定講座でお伝えしています。

 

関東では先日下肢セミナーが行われましたので

ベーシック1・2が一通り終了しました。(まだ上下肢3は残っていますが)

ベーシック1・2を一通り受講したということは

「あらゆるジャンルのリハビリの現場で結果が出せるセラピスト」

になっているはずです。

 

 

みなさんはすでに

「患者さんの不調を改善」する準備ができています。

あとはその技術が使えるかどうかです。

 

 

使えるようになるには何が必要か覚えていますか?

GM齋藤がセミナー中に何度も言っていた

そう!「数稽古」です。

毎日5分でいいので練習をしてみてください。

 

毎日誰と練習するかって?

決まっているじゃないですか、

平日でも休日でもいつでも一緒にいるあなたのパートナーです。

 

 

患者さんは

天候不良で来なかったり、退院してしまったりしますが、

あなたのパートナーはよほどのことがない限りいなくなりません。

(いなくなりそうな人はセミナーなんか行っている場合じゃないですよ!!なんでいなくなりそうなのか①自分としっかり向き合ってください。)

 

 

パートナーに施術することで

  • ・テクニックの精度が上がります。
  • ・精度が上がるとパートナーの体調がよくなります。
  • ・体調がよくなると、機嫌がよくなります。
  • ・機嫌がよくなるとパートナーとの会話が増えます。
  • ・会話が増えると「セミナーに行きたい」と言いやすくなります。
  • ・セミナーに行ったらまたパートナーで練習しましょう。もっと体調と機嫌がよくなります。
  • ・いつの間にか「今度は何のセミナーにいくの?」と聞いてくるようになります。
  • いい連鎖が生まれてきます。

そして一番の効果が

パートナーとのスキンシップが増えるので精神的に落ち着いてきます。

「グルーミング」ってやつです。

 

「グルーミング」については関東にはもっと詳しい方がいるのでそちらにお任せします。

 

とにかくパートナーとの共通の目標を達成するための

STGは「治療で結果が出せるようになる」

ことです。

 

 

「治療で結果が出せるようになる」という目標が決まって、

やり方は認定講座でお伝えしました。練習相手はパートナーがいます。

 

目標とやり方がわかったらあとは行動するだけです。

「セミナーに笑顔で送り出してもらえるようになるため」

とにかく実践してみましょう!!

 

それでは、今日はここまで!妻に施術してきます!

 

大塚久04
認定インストラクター 大塚 久

 

...そういえば先日の下肢セミナーで気になったことがあるんですが

みなさん触診に苦手意識あります?

実は僕もそうだったのですが、

外側ハムと腸脛靭帯の間とか、立方骨をとか言われて

「やばい...」と思った方。

または、IAIRの講習会は誘いにくいけど、普通の触診セミナーだったら誘いやすいな~と思っている方。

もしいたら、件名に「実は苦手です」「誘いやすいです」だけで本文なしでも結構です。こちらにこっそり教えてください → taishitsutohwa☆gmail.com

 

 

追伸

結果を出せるようになるためにもう一つ要素があるのを覚えていますか?

それは正しい方法でやることです。
IAIR関東支部では正しい方法で数稽古を行える機会を用意しました。
2014.11.24検定対策・徹底練習会です。
ベーシック1・2全12講義を受講された方は0円で受講できます。○○3の講義を受講できなかった方も今回受講していただくことで検定を受ける権利を得ることができます。

「治療で結果を出せるようになるために」、正しい方法で、数稽古を行う場にしてください。

お申し込みはこちら→ https://business.form-mailer.jp/fms/c8f874cf32429

 

 

追伸2

東京まで復習に行くのは遠いな~と思っている神奈川県のあなた!

神奈川県でも復習会をやります!

神奈川ではみなさんが講師となる新しい復習会を検討しています。

テーマはなんでもかまいません。新しい知識・技術、IAIRテクニックの使い方、できなかったこと、困難なこと、悩んでいること、こうやったらうまくいった等。全員でシェアして全員で克服してきましょう。そして神奈川を盛り上げましょう!!神奈川復習会はみなさん一人ひとりが主役です!!!

ご意見・ご要望はこちら→ taishitsutohwa☆gmail.com

 

 

追伸3

大塚、週末開業します!!

海の見える湘南・藤沢でIAIRフォーマットテクニック、頭蓋仙骨療法を体験しませんか?

営業予定日は火曜日・水曜日夜・日曜日です。完全予約制ですのでメールでご予約ください。

taishitsutohwa☆gmail.com

ホームページはこちら

体質改善専門整体院 永久 >>> http://taishitsukaizentohwa.jimdo.com

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。
IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。
2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。
より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。