第三回IAIR学術大会10/28.29

誤理解いただけましたか?

FROM:IIRA関東支部代表 齋藤 信

 

 

あ、すみません。

先日のIIR協会認定講座《達人のタッチ、触診セミナー》in東京
を受講していない人には何の事やら、ですよね。

 

 

実は、先日受講された皆さん、
帰省ラッシュに巻込まれたくない!
と、ずいぶん早い時間から会場にいらしてくれました。

 

 

ですので、またまたやらかしました!

 

 

どM貴公子(R)齋藤信の、脳と学習のメカニズムプチセミナー!

 

 

15分程、2つのゲームと、それぞれの解説を行っちゃいました。

 

 

1つは、土曜日のお仕事サポーターで配信した《認識ゲーム》。

1つは、28個の単語を覚える《記憶力ゲーム》。

 

 

どちらも楽しんでいただけたようで何よりです。

 

 

もちろん、ただ単に楽しんでもらうだけでゲームをしたわけじゃありません。

 

 

セミナー中に発生しやすい

《これでいいのか?》感や、

《新しい話をされて脳味噌フリーズ!》を

防止する目的で行いました。

 

 

まさか、《窓》と《ガラス》にそんな関係が!!

 

 

ってね。

 

 

いずれにしても、

《誤》理解はおこしやすいもの。

 

どんなセミナーや日常の勉強のなかでも、

《知ったフリ》や《勝手な理解》や《昔の記憶で解釈》

ということを行ってしまいます。

 

 

脳の学習の機能上、仕方ない部分です。

 

 

でも、それは間違った脳の使い方をしているから。

 

 

脳の機能を知って、正しく使っていけば、

今から十分に脳のスペックを増やしていく事ができますよ。

 

 

先日触診セミナーに参加した皆さんは、

今から昨日の内容を思い出してみてくださいね。

 

 

僕は皆さんにある《予言》をしました。

 

 

今日はその《予言》を、身をもって確認してみてください。

 

 

 

と、本日のコラムは、

関東の触診セミナーに参加した人にしかワカラナイ、

ヒミツの内容になっちゃいましたね。

 

 

まあ、たまにはいいよね。

 

 

参加できた人の特典!

ってことで。

 

 

関東代表齋藤信03サムネイル

IIRA関東支部代表 齋藤 信 

 

 

追伸 1

僕は参加してくれた人を特別扱いします(笑)

だって、せっかくお会いでいたんですから、

会場で沢山お土産を持って帰って欲しいじゃないですか。

 

 

追伸 2

おっと、それよりも、《復習》と《数稽古》は

必ずしてくださいね!

もちろん、誤理解防止になります!

 

 

追伸 3

脳と学習のメカニズムをリハビリに活用する方法

をもっと知りたい方はコチラ

http://iirakanto.jp/?p=72

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。