管理職養成12回コース

苦手なことと向き合ってますか?

みなさんこんにちは!!

モヒカンのあいつ、こと

IIRA関東支部認定インストラクターの大塚久です。

 

先日務めているクリニックがお盆で1週間お休みでした。

そこで妻とドライブの計画を立てていたのですが

休みが始まったと同時に夫婦で体調不良…

 

それでも無理やり八ヶ岳にドライブに行きましたが、

外は大雨で霧がかかり、

景色や自然を楽しむどころではありませんでした。

 

さらに追い打ちをかけるように

妻が体調悪化を訴え

悪寒で四肢が冷え冷え、おそらく発熱

 

僕も右目の充血と異常な眠気

どうしても買いたかった高原のアップルパイだけ買って

早々に帰ってきました。

 

日ごろから体調には気を付けているつもりですが、

やはり疲れはたまっていたんでしょうね、気が抜けたら一気に出てきました。

自分のことってわかっているようでわかっていないものです。

 

みなさんはどうですか?

自分の身体の事わかります?

自分がどんな人間かわかります?

 

先日東京で行われたtune upセミナーを思いだしてみてください。

(残念ながら受講できなかった方は次回のセミナーを楽しみにしていてください。)

自分の今の身体の使い方と、本質的な体の使い方でパフォーマンスの発揮に歴然の差がでませんでした?

 

実は自分の事って意外とわかってないんです。

自分のこともわかってないのに

患者様や奥さんと向き合おうだなんて…そりゃ無理ですよ。

 

まずは自分がどんな人間なのかを

知ることから始めませんか?

得意なことはなんですか?苦手なことはなんですか?

 

ちなみに僕は受け身な4軸なので…

 

・めちゃくちゃ人見知りです。(セミナー前はいつもおなか壊します。)

・人前で話すのがめちゃくちゃ苦手です。(緊張でなにしゃべっているか覚えてません。)

・アドリブがとにかく苦手です。(いきなり話を振られると頭真っ白になります。)

 

あとは

 

・間接法が得意です。

・話を聞くのは得意です。

・一緒にいるとなんか安心するとよく言われます。

 

といった感じです。

とにかく僕は人前に出るのが苦手なので

セミナー前には必ず事務連絡の練習をします。

 

自分の苦手なことがわかっているので

対処法がわかります。

もちろん相手の受けも変わります。

 

みなさんも臨床で

得意なこと、苦手なこと

10個づつくらい考えてみてください。

 

ここでポイントは

必ず「苦手なこと」を書き出してください。

そして苦手なことに向き合ってみてください。

 

自分の弱いところを知ることは

後で必ず

あなたの強みになります。

 

自分の苦手を見つけることで

患者さんや、奥さんの弱い部分、苦手な部分も

見つけることができるようになります。

 

目の前の人に向き合うには

まず、

自分としっかり向き合いまましょう!!

 

他にも統計学的な相性などもありますが

それはまたの機会にお話しします。

(結構当たるんですよ!!)

 

今日はここまで!妻に施術してきます!

 

追伸

東京まで復習に行くのは遠いな~と思っている神奈川県のあなた!

神奈川県でも復習会をやります!

日時は未定ですが、平日の夜、土曜日の午後、セミナーの無い日曜日などを考えています。

参加希望者の人数、地域によって検討します。

ご意見・ご要望、これを復習したい!こんなことも教えてほしい!などございましたら。こちらのアドレスまでご連絡ください。それぞれが講師役となって報告会みたいな形もいいですかね?連絡お待ちしています。

taishitsutohwa@gmail.com

 

追伸2

大塚、週末開業します!!

海の見える湘南・藤沢でIRAフォーマットテクニック、頭蓋仙骨療法を体験しませんか?

営業予定日は火曜日・水曜日夜・日曜日です。完全予約制ですのでメールでご予約ください。

taishitsutohwa@gmail.com

 

ホームページはこちら

体質改善専門整体院 永久

http://taishitsukaizentohwa.jimdo.com

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。
IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。
2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。
より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。