第三回IAIR学術大会10/28.29

自己主張の強い部下をどうする?

From:IAIR-GM 齋藤 信

自己主張部下

ドラッカーは沢山の言葉を残していますが、

僕はこの言葉が一番好きなんです。

 

「第一に身につけるべき習慣は、

 なされるべきことを考えることである。

 何をしたいかではないことに留意してほしい」

 

つまり……

 

”やりたいこと”ではなく、

”やるべきこと”を考えろ、

という言葉です。

 

 

実はこの言葉が”本当の個性を活かす”ことに

つながっているって、知ってました?

 

 

僕自身、専門職療法士カリスマ講師で、

療法士のお仕事にドラッカーマインドマップ

導入したいという想いを持ってます。

 

 

一見、強い個性を出しているように見えますよね。

 

 

でも、実際には目に見える個性や高い理想があっても、

こと仕事となれば、”求められること”に注目すべきなんです。

 

 

先に僕が療法士と名乗ったように、

専門知識を持っている人ほど、

その専門知識を仕事に活かしたいと思っています。

 

 

ですが、実際には患者さんが期待していなかったり、

利用者さんのニーズとズレていることだってあるんです。

 

 

肩が上がらない患者さんが、説明なしに

「これがいいんです!」

と肩以外の治療をされて「なんで?」と

なってしまう……

 

そんな自分凄いでしょアピールを

ちょこっとしたくなる。

 

 

ええ、ちょこっとね。

 

 

その気持ち、わかります。

でも、患者さんが期待していることは一体何ですか?

 

 

この例なら、まず肩を触ってほしかったのかもしれませんね。

そう、明らかに”仙腸関節からの筋連鎖による肩関節の可動域制限”と評価していても、

肩からポーンと骨盤を触っちゃイカンということ。

 

 

そのときの”やるべきこと”は、

肩の動きを確認し、肩甲周囲筋、胸郭、脊柱起立筋の確認を

患者さんとしたうえで仙腸関節に問題ありかも、

と患者さんの立場に立って説明することですよね。

 

 

このように、専門職ほど”やりたいこと”を優先させてしまいます。

 

 

その原因の一つが、成果を実感できていないこと。

認められていない感が強くなり、

「テクニックをキメて、オレ凄い」

をしたいと思うようになっていくんです。

 

 

そう、こうなったら管理職であるあなたがすることはコレ

 

”やるべきことを考えてもらう”

  1.  ・あなたや患者さんが、部下に何を期待しているのかを言う。
  2.  ・周囲に喜ばれ、必要とされたことは何かを伝える。
  3.  ・患者さんの満足が成果であることを伝える。
  4.  ・そのうえでプロの誇り、やりがいについて考えてもらう。

 

さあ、どうでしょう?

自己顕示することと、仕事のなかで個性を発揮することの違いに気づいてもらえそうですか?

 

本当の個性は、自分ではなく、患者さんに喜んでもらえたという成果のなかからこそ見えてくるんですよ。

 

 

関東代表齋藤信03
IAIR グランドマネジャー 齋藤 信

 

 

追伸 1

自己顕示欲が強い部下は、真逆の問題を抱えている場合があります。

そんな隠れた問題を引き出したいなら、この方法はいかが?

http://otjyuku.net/immt/?page_id=46

 

 

追伸 2

患者さんの期待から外れず、成果につながる

筋膜系テクニックの講習会がありますけど、

部下に紹介してみては?

http://irajapan.jp/fascia/

 

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。