第三回IAIR学術大会10/28.29

第2回! 関東女子会報告!


IRA女性セラピストの皆様へ。



皆様こんにちは!
IRAインストラクターの夛田です。

先日、第2回IRA女子会を開催致しました。

今回は先日IBF を終えたばかりのメンバー との開催となりました。

image_2 image 女子会0719


開催内容は、

・IBFを学んでからの治療やプライベート面での変化とIBFでの疑問などシェアリング

・セルフメンテナンス

・ベーシック1,2,3の復習会

と盛りだくさんでした!


おかげで2時間では時間が足りなくなってしまったのが反省点です。。笑


そのなかで、

シェアリングでは、それぞれの視点が広がり、引き出しが増えたことが一番の収穫でした。



また、誰かができると、良い連鎖反応が生まれ考えが深まるので

学んだことやそれを通しての経験を

“シェアする”

ことがとても大切だなと改めて思いました。



皆さん1週間前よりもはるかにパワーupしており刺激を受けました!



また、ベーシックの復習も皆さんが現場で疑問に思っていた

「本当にちゃんと変化出せてる?」

「 やり方あってる?」

というところを重点的に行いました。



途中からリアルな治療時間になってしまったのは悪しからず。笑



参加された方々からは、

「IBFを終えてどう変わってきたかシェアしたことでとても刺激になりました。」

「このタイミングでIBFのシェアができてよかったです!」

「復習会では、他の治療場面でも生きる良い振り返りになりました。」

「治療で悶々としていたことがスッキリしました(触り方、強さ、姿勢など)。」

と嬉しい声が☆


それ以外にも「普段がんばりすぎていたことによーく気付けました!」

という声もいただきました。


あっという間でしたが

客観的に見ること・見てもらうことで

自分の癖や習慣に気付くことができる

時間となりました。


そんな女子会ならではの多くの気付き・学びがたくさんある有意義な時間でした♪


以上、第2回IRA女子会の報告でした。





…そして!

この度、第3回IRA女子会を開催することが決定しました。




不安に思っていること、疑問に思っていることありませんか?


日々臨床の中で感じている不安や悩みを 
一緒に考えて みませんか?


多くの学び・気付きがある女子会に皆さん参加してみませんか?

また現在ベーシック1・2を受講中の女性の皆様!

・セミナーでテクニックを学んだけれど、本当にできているのか不安

・結果が出にくい

・現場での悩み、女性の悩みを相談したい

ひとつでも当てはまる方は、是非一度女子会に参加してみませんか?

アドバンスを終えた先輩方のリアルな声も聴けますよ!


以下詳細です。




【第3回IRA女子会】
日時:9/20(土) 19時〜21時

場所:IRA研究会関東コンディショニングルーム

京王線 代田橋駅より徒歩5分、京王井の頭線 明大前駅より徒歩12分
URL→http://nayuta403.jimdo.com/交通アクセス/
(東京都杉並区和泉1-4-8ラ・ポルタ・イズミ403号室)

内容:ベーシック1・2・3の実技復習会、シェアリング


料金:2000円
名前を明記の上、お問い合せフォームよりご連絡ください。



皆様の参加を心よりお待ちしています☆



IRA関東インストラクター
中澤里美 
夛田早織 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。