第三回IAIR学術大会10/28.29

目的から考える!リハ科経営の始め方連載を始めます!

From:IAIR-GM 齋藤 信

 

リーダーのみなさん、こんにちは。

IAIRグランドマネジャーの齋藤です。

 

リハドラ第1シーズンを最終回にし、

一週間ほどメルマガ配信をサボって

ぼんやりしていました。

 

実はこの”ぼんやりタイム”が

超重要!

 

何もしないで、

考えやら思いやらを巡らせる。

 

この時間があるからこそ、

行動できるんですよね。

 

僕自身もそうですが、

ついつい作業をしたくなってしまいます。

 

毎日、ルーティンワークをしてた方が

仕事をしている実感があるし、

簡単に達成感を味わえます。

 

あなたも思い当たることがあるのではありませんか?

 

そんな時は……

ほんの少しの時間でいいです。

そう、5分や10分でOK。

 

今抱えている仕事を4つに分類してください。

 

そう、マトリクスですね。

僕がやったのは、最も一般的で、

大きな仕事をしている人は

必ずやっている分類。

 

緊急・重要分類!スライド18

  • 1:緊急かつ重要
  • 2:緊急ではないが重要
  • 3:緊急だが重要ではない
  • 4:緊急でも重要でもない

この分類をして……

2を一番最初にするんですね。
(図では3ですね)

 

 

まあ、詳しくは別な機会にお話するとして……

 

そんなことをしていたら、

今、僕が重要に感じていて、

最もやりたいことは何だろう?

 

そして、そう思うに至った自分の奥底の想いは何?

 

と文字通りぼんやり考えてみたんです。

 

僕が今まで最も時間をかけてきたこと。

 

なぜそこまで時間をかけてきたのか?

 

始めた当初の動機と、今との違い。

 

過去に思い描いた未来と

その当時のギャップは、

今どのように変化したのか?

 

自己啓発という言葉は嫌い。

でも自己啓発する重要性は伝えたい。

 

もっと、医療やリハビリの現場をハッピーにしたい。

 

以前、医療業界を外からの目線で教えてくれた方は、

「医療には色がない」

とおっしゃってくれたのが印象的だったことを思い出したり……

 

色々なことがこの一週間の間、

渦巻いているんです。

 

ま、でも、それもそろそろ終わりにします。

今、一つの決着が、

僕のなかで生まれました。

 

”目的から考えるリハ科経営”

 

これをしてみたいと思ったんです。

 

 

これまでずっと、PTOTの為のマネジメント!

と言って、色々な情報を発信してきましたが……

 

この1週間の間に数冊の書籍を読むなか、

ようやくカタチになってきました。

 

というのも、僕が影響を受けている人達の共通項が見えてきたからです。

 

マネジメントの発明者、ドラッカー

「何が目的か。何を実現しようとしているか。なぜそれを行うか」

 

第三の心理学者にして自己啓発の祖、アドラー

「人間の行動には、その人特有の意志を伴う目的がある」

 

脳と学習の世界的権威、トニー・ブザン

「成功から始め、全てを試す」

 

世界一の億万長者メーカー、ダン・ケネディ

「物事は自分で選択して始まり、終わる」

 

実は全ての方が、”目的から始まる行動”を

推奨しているんです。

 

僕が2013年に1年かけて繰り返し行っていた

「夢実現の為の目標設定セミナー」も

一言で言ってしまえば、目的を明確化し、

その目的の為に現在行うべき行動を組み立てる。

 

というものでした。

実際にそこで構築した目的を実践されている人達は、

未来思考で思い描いた目的に向かって進化し続けています。

 

この目的から考えると言う物事の組み立て方を

より多くのリハビリ現場にいるリーダーに伝えていきたい。

 

そう、思ったんです。

思ったことは、実行に移してナンボ。

 

ということで、早速新シリーズをやってみるか!

という次第です。

 

それが……

目考リハ経営

 

”目的から考える!リハ科経営の始め方”

 

の連載と、それを伝える為の講座の開講です。

 

 

 

 

さ~て、楽しくなってきました。

色々と動きだしますよ!

 

 

関東代表齋藤信03
IAIR グランドマネジャー 齋藤 信

 

 

追伸 1

まずは、無料メルマガを開始し、

そのなかで、僕の考えや、実践ノウハウを

お伝えしていきます。

登録はコチラ

 

 

追伸 2

まずは目的志向を、あなた自身の2015年の目標設定をしつつ、

学ぶ機会をつくりました!

12月7日(日)2015年の目標&アクションプラン作成セミナー

 >>> http://iairkanto.jp/?p=1113

 

追伸 3

目的から考える!リハ科経営講座ラインナップはコチラ

◆ 目的志向を身につける

12月7日(日)2015年の目標&アクションプラン作成セミナー

 >>> http://iairkanto.jp/?p=1113

 

◆ 学ぶためのツールを手に入れる

12月6日(土)療法士の為のマインドマップ速読術

 >>> http://iairkanto.jp/?p=888

1月31日(土)第2回 療法士の為の超実践マインドマップ講座(描き方編・情報整理編)

 >>> http://iairkanto.jp/?p=1089

2月1日(日)第二期マインドマッププラクティショナー養成講座

 >>> http://iairkanto.jp/?p=1077

 

◆ 治療の為のスキルを手に入れる

12月20日(土)集団療法に自信が持てない療法士の為の脳と学習のメカニズムを集団療法に組み込む法

 >>> http://iairkanto.jp/?p=1068

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。