第三回IAIR学術大会10/28.29

目標が達成出来ない3つの理由

成長と成功FROM:IAIR-GM 齋藤 信

 

年間目標って、たててますか?

 

あなたが今日の話を聴いているタイミングで、

今年の目標はどのくらい達成されているでしょうか?

 

結構……適当になっていませんか?

 

  • ・目標をたてたはいいけど、忘れてた。
  • ・毎日の業務が優先。
  • ・目標達成のための行動案を作ったら満足した。
  • ・そもそもタイミングじゃない。
  • ・たてたはいいけど、何か違う。

 

こんな悩みをよくききます。

 

目標って、毎日意識的に確認しないと、

実は毎日の業務に埋もれてしまうんですよね。

 

 

僕も実際そうでした。

 

 

もっと長期的に色々考えたいのに、

目の前のゴタゴタを片付けたくなっちゃいます。

 

 

あなたもそうではありませんか?

 

 

これをどうにか出来れば、

もっと毎日の仕事に魅力を感じたり、

やる気が出て、上司や組織幹部に褒められるんじゃないか……

 

はたまた、

 

仕事が楽になって、

定時で帰れて、奥さんにも文句を言われない。

夜に子供と一緒にお風呂に入れる……

 

 

そんなことが実現するのでは?

なんて思いませんか?

 

 

そう、仕事の目標を設定するにあたって、

最も重要なのは、職場の目的と、

自分自身の目的を合致させることです。

 

 

人は機械じゃありません。

 

 

でも、思考の歯車が、

どこか一つでも目詰まりをおこせば、

全てが回らなくなります。

 

 

プライベートで実現したいことがあって、

その実現に必要なことが仕事にかかわっていて、

でも、職場には目的と目標があるから、

それもすり合わせなきゃならない。

 

 

この部分をおろそかにすると、

何を計画しても、足踏みが始まります。

 

 

まずは、あなた自身が、

本当のところ、何をしたいのか?

これを明確にしてみてくださいね。

 

 

そのうえで、今の職場のどの目標にだったらすり合わせられるのか?

 

 

これができれば、

もっと仕事が楽しくなりますよ。

 

 

ちなみに、ドラッカーは職場の目標達成

阻害因子をいくつかピックアップしています。

 

  1. 目標に対するイメージが一人一人異なる。
  2. やる気や能力が引き出されないため成果があがらない。
  3. 職場全体がおかしな方向に向かってる。

 

今日の話題は、

この全てに関連しているんです。

 

これらが目標達成を阻むものなんです。

 

だから、目標達成のために、

様々な努力や工夫を行っていく。

 

それこそが、人生の経営者であるあなたに必要なことなんですよ。

 

今日からで構いません。

是非、考えていってみてくださいね。

 

 

関東代表齋藤信03
IAIR グランドマネジャー 齋藤 信

 

追伸 1

ちなみに、努力の一つは、毎日目標を確認することです。

工夫の一つは、目標を書いた紙をA6のソフトクリアファイルに入れて、

ユニフォームのポケットにいつも入れておくことです。

お試しあれ。

 

 

追伸 2

今まで、マネジメントは人生を変える!

もっと楽に仕事ができる!

と言ってきましたが、マネジメントの本当の意味って、

目標達成のために様々な努力や工夫を行うこと

なんですよね。

 

 

追伸 3

マニュアルを作るのも、目標管理をするため。

業務マニュアルだけがマニュアルじゃありません。

自分自身の毎日を組み立てる方法の一つがマニュアルですよ。

http://otjyuku.net/immt/?page_id=46

 

 
追伸 4

毎朝メルマガで定期配信して欲しい方はご登録ください。

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。