第三回IAIR学術大会10/28.29

治療部位で苦手なところ、ありますか?

From:IAIR認定インストラクター松井真澄

 

 

こんにちわ!

IAIR認定インストラクターの松井です0-13

セラピストの身体の話の月曜日です

突然ですが

あなたは治療をするにあたって苦手な場所はありますか?

 

例えば

  • 肩の疾患が苦手
  • 腰の疾患が苦手
  • 膝の疾患が苦手

などなど

 

もちろんプロですからどれも対応できる様になる必要がありますが

内心ちょっとそういう苦手意識がある方もいるのではないでしょうか?

 

 

ただ単にそこの部位に関する知識がないから

というのもあるかもしれませんが

じゃあもっと勉強しましょう!では話が終わってしまうので

(もちろん勉強することは大切ですが)

 

 

ちょっと視点を変えてみましょう

 

 

なかなか治療結果が出せない部位

もしかしたらあなた自身もその部分の動き苦手じゃないですか?

 

 

以前、患者さんに指導する事は自分でもできるようにしましょう!

という記事を書きましたが

自分ができない事って相手に伝わらないんですよね

 

 

知識的には「ここがこう動く様になれば良くなるはず」

と思って、言葉で患者さんに伝えてもなんか伝わらないんです

 

 

よく「何を言うか」よりも「誰が言うか」が大事と言いますが

治療においても、知識だけでなく実践できること

自分がどうあるかというのも大切な要素かなと思います

 

 

と、自分にも言い聞かせてます

 

 

セラピストの身体に関するコラムなので

今後少しずつエクササイズなんかも紹介していきます~

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます

 

 

松井真澄
松井真澄

 

 

追伸

私事ですが、ヨガクラスをはじめます

一般の方向けに構成してますが、ヨガに興味あるけど

はじめるきっかけがないというセラピストも大歓迎です!

http://www.bodymaintenanceyoga.com

 

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。