管理職養成12回コース

毎日種を植える

FROM:IIRA関東支部代表 齋藤 信

 

 

今日はちょっとばかり抽象的な話をしましょう。

 

僕はもともと、作業療法塾という

学生から新人向けの情報発信を

ウェブで行う活動をしてきました。

 

僕自身、

学生時代大変な苦労をしたし、

教官やバイザー諸氏に迷惑をかけた

超・落ちこぼれでした。

 

そこから、無事(?)資格をとり、

バイザーの立場になると、

同じことで悩む人がたくさんいて、

そう言った人達をどうにかしたいという

自分のなかにある熱を感じました。

 

 

だから、当時は熱意のおもむくままに

活動をしていました。

 

 

そのため、

臨床実習を受けるのが嫌な資格者がいること自体

意味が分からなかったし、

人を育てられて初めて専門家じゃないの?

 

 

とかずいぶん偉そうに思ってました。

 

 

でも、今にして思えば、

僕はまだまだ中途半端でした。

 

 

実習を受けることは、将来まだ見ぬ患者さんのために、

種を蒔くことだと思って行動していましたが、

 

種を蒔くだけ蒔いて、根付いたのか、芽が出たのか、

どんな花が咲きそうなのか……

 

そして、どんな種を植えているのかまで

考えていなかったと気づきました。

 

僕は蒔いたら蒔きっぱなし。

 

でも、同僚は種を植えていたんです。

 

 

しっかりその人の話に聴き入り、

発言を裁かず、ありのままに受け止めていました。

 

 

それを見てからの僕は、

少しずつ考え方とやり方を変えるようにしました。

 

 

そして、今はもっとしっかりと種を植え、

育むことをもっともっと考えていきたい。

 

 

そんな事を思いました。

 

 

あなたはどうですか?

 

最近、種を植えていますか?

 

 

関東代表齋藤信03サムネイル

IIRA関東支部代表 齋藤 信 

 

 

 

追伸 1

ついついオチもなにも考えずに書いてしまいました。

 

 

追伸 2

ちなみに去年はプランターでゴーヤを植えて凄いことになりました。

もうやりません(笑)

 

 

追伸 3

何か種植え、種まきでのエピソードがあれば教えてください。

この記事のHP公開ページでは、Facebookコメント欄を設置してます。

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。
IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。
2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。
より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。