管理職養成12回コース

柔軟性を高めるちょっとしたコツ

From:IAIR関東インストラクター 松井真澄

 

こんにちわ!

セラピストの体を考える月曜日です。

 

早くも暑い日が続きますね。

私たちは体のプロですから、薄着になっても恥ずかしくない体型は最低限キープしましょうね。

 

さて、先日関東では骨盤の評価と治療のセミナーが開催されました。

受講した皆さん、実践してますか?

過去に受けた皆さん、続けてますか?

上達するためには続けること。がんばりましょう。

 

で、この骨盤治療はじめIAIRでは治療姿勢が結構辛いやつがあります。

その原因になりやすいのが股関節の柔軟性。

また臨床上でも股関節の可動域が不十分な方はけっこう多いですよね。

 

まあ原因はいろいろですが、自分の体でも、患者さんの体でもより早く結果を出すためのコツ、それは

 

股関節

 

 

いろんな方向に動かす事。

当たり前っちゃ当たり前なんですが、以外とやってないのではないでしょうか?

例えば屈曲に制限があればひたすら屈曲、屈曲、屈曲

でも股関節はご存知の通り球関節ですからぐるぐるといろんな方向に動きます

一部の組織が少し緩んでも、その周りにまだ固いままの組織があるとまた硬くなっていってしまいます。

 

自分の体の柔軟性を高めたいときも同じです。

もっと前屈の可動域を広げたいとなると、そればかりやりがちですが違う方向にもしっかり動かしておくことも以外と重要なのです。

 

是非試してみてください。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

 関東支部 認定インストラクター

理学療法士、ヨガインストラクター 

松井真澄

facebookアカウントです。友達申請お待ちしてます!

https://www.facebook.com/masumi0522

 

追伸1
さらにコアの使い方をマスターできると、より体が安定します。

コアが弱い方は是非こちらを。

【パーフェクト体幹スタビライズアプローチセミナー】

 

追伸2

6月の認定セミナーは脊柱です。お早めに!

丁寧に自信を持って行えるテクニック、一緒に習得しませんか?

 

>>> http://irajapan.jp/

 

追伸3

ちょっと個人事ですが、わたくしヨガ教室もやってるので興味があれば是非!

セラピストの自己メンテナンスにもオススメです!

 >>>http://www.bodymaintenanceyoga.com

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。