管理職養成12回コース

東京にて勉強会を開催します!

FROM:IIRA関東支部 松井真澄

こんにちわ!

IRA研究会認定インストラクターの松井真澄です

勉強会のお知らせが2点あります!

 

1つ目!

 

IRA研究会関東復習会のお知らせです

 

現在認定講座が2日構成になった為ベーシック1、2の単独開催はしていませんが、フォーマットテクニックはすべて受講済みでなくても参加できます。

練習生さんの受講状況に合わせて進めていきますので、ご安心ください。

(時間があればまだ受けていないテクニックの体験もできます)

 

 

8月23日(土)  ベーシック3 10時-12時半 6,000円

フォーマット 13時半-16時 8,000円

ベーシック3・フォーマット 10時-16時 12,000円

 

9月27日(土)   ベーシック3 10時-12時半 6,000円

フォーマット  13時半-16時 8,000円

ベーシック3・フォーマット 10時-16時 12,000円

 

個人コーチング 2時間 15750円

ペアコーチング 2時間半 2名で21000円

 

 

 

お申し込みはこちら

 

https://business.form-mailer.jp/fms/911ab7f621655

 

 

2つ目!

 

以前も少しお知らせした新しい勉強会が8月から始動します。

 

ベースとしては、新しいテクニックを足すのではなく今お持ちの技術や知識をより活かし、アップデートしていく事を目標に行ないます。また、それ以外に少しずつ症例検討やテクニックのシェア等を通じ、皆様にもアウトプットする機会をつくっていただきたいと考えています。

 

 

特に施術において欠かす事のできない、セラピストの身体の使い方や自己メンテナンス等の内容を多く扱っていく予定です。

 

治療時に

  • ・治療姿勢が疲れる
  • ・うまく力が伝わらない
  • ・自分の身体が痛い
  • ・触診が苦手
  • ・一人職場や同僚の理解が無く練習相手がいない

という方、お待ちしております!

 

 

8月のテーマは

「グラウンディングを感じる」

です

 

 

・開催日

 

8月16日(土)19:00〜21:00

 

 

基本的には毎月第3土曜日の夕方〜とさせていただきたいと思います

(時間の前後はあるかもしれませんが)

 

 

 

時間は2時間程を予定しております。

 

 

・内容

IRAのセミナーやボディーワークのクラスの中で、グラウンディング!や根っこが生えている様に!というワードはよく耳にするかと思いますが、実際それってどんな感覚なんだ?といまいちスッキリしていない方もいらっしゃるかと思います。

 

治療効果をしっかり出す為にもこの辺りは欠かせない部分ですので、実際に身体を動かしながら体感していただけたらと思っています。

 

・会場・参加費

代田橋の治療院もしくは新宿〜代田橋周辺のレンタルスペースにて行なう予定です。

(8月分は現在調整中)

 

参加費は1回1,000円

 

いただいた参加費はレンタルスペース費用、資料印刷費用等に当てさせていただきます。

 

・お申し込み

このメールアドレスに直接ご連絡ください。

 

また、職場の同僚やお友達の参加も大歓迎です(もちろんPT,OT,STに限りますが)IRAのセミナーに参加した事が無い方でもOKです。

松井真澄02

一緒に来る方がいる場合には、参加人数とその方の氏名を教えて下さい。

 

 

以上です。

 

ご参加お待ちしております!

 

 

 

松井真澄_IIRA背景

松井真澄 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。
IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。
2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。
より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。