第三回IAIR学術大会10/28.29

患者さんとのより良い関係を持ちたい方へ

FROM:覆面インストラクター

 

 

m-pumpkin_thl.jpgこんにちは!

関東支部 覆面インストラクター

TOSHIです。

そろそろ覆面を購入しようかと思っています(笑)

コラム第三回目ですね、

どうぞ宜しくお願いします。

 

 

テーマは

 

患者さんとのより良い関係を

~パーソナルスペースについて~

 

 

パーソナルスペースって言葉を聞いた事はありますか?

ご存知の方も多いと思います。

 

 

パーソナルスペースとは

身体の周囲の心理的な縄張り空間。他人が侵入すると、心理的な不安感が起こる。空間の大きさは、状況・対人関係・心理状態などによって変化する。

※大辞林 三省堂より

 

 

それでは治療の際にパーソナルスペースを意識したことはありますか?

患者さんに不安や不快感を与えると筋緊張が亢進し、治療の妨げになる場合があります。

 

 

つまり意識をすることで治療効果が上がるともいえます。

パーソナルスペースの特性として

  • ・人それぞれ違う
  • ・方角、距離、スピードが関係する
  • ・40代頃に範囲の広さがピークとなり、加齢とともに狭くなっていく
  • ・男性は前後に広く、左右が狭い
  • ・女性は円状となる

 

さて、本題ですが治療の際にどのような配慮をすればよいかと言うと、

色々試して見ましょう(笑)

 

 

答えになってないですが、先に上げたよう人それぞれパーソナルスペースは異なり、またその人との関係性によっても変わってきます。

 

 

まずあなた自身でまず体験することが第一歩です。

 

 

職場の同僚等、どなたかと一緒に

一人を患者役に見立て座っていてもらい、

数m離れた所から近づきます。

スピードや方角を変えて何回か試してみましょう。

 

 

セラピスト側、患者側がどのように感じたかシェアして見て下さい。

きっと新たな発見があるはずです。

 

 

コラムでは

脳のメカニズムについて主に書いていこうと思います

このコラムにて、あなたに自分の想像力を超えるきっかけを作りたいと思っています!

 

 

次回は

『意識と姿勢について』

をお送りします。

 

 

我々は

IAIRを受講した全ての方に対し全力でサポート致します!

ご意見・ご質問、取り上げてもらいたいテーマがありましたらご連絡下さい。

http://iairkanto.jp/?page_id=23

 

有難うございました。

 

関東支部覆面(認定)インストラクター TOSHI

 

 

追伸

関東セミナー近日開催はコチラ!
日時:2014年10月18日(土) 10:00〜15:00
IAIRテクニック体験セミナー 肩疾患に対する、骨格・筋膜テクニック編
会場:神田小川町あすか会議室
定員:残席 18 席
申し込みフォーム:https://pro.form-mailer.jp/fms/8bf637ea56195
詳細ページ http://irajapan.jp/shoulder/
*体験セミナーの受講後シルバーメンバーの登録をさせていただきます。
*シルバーメンバーに登録されると、メンバー価格で受講できる事や、まとめ払い割引が受けられるなどの特典があります。

認12脊柱
11月8日(土) 9:30〜16:30
(認)リハビリの臨床で確実な結果が出せる 脊柱の評価と治療
1日目 40席
2日目 次回開催は2015年予定
脊柱フォーム https://pro.form-mailer.jp/fms/cef1ac7c35412
新ページ http://irajapan.jp/spinal/
日時:脊柱1・2 2014年11月8日 9:30〜16:30
脊柱3   2015年予定 10:00〜16:00
会場:神田小川町あすか会議室(予定)
http://www.ochanomizu.net/ogawamachi/access.html

認13筋膜
11月9日(日) 9:30〜16:30
(認)頸部体幹治療の為の筋膜テクニック、軟部組織テクニック
1日目 40席
2日目 残り 21席です。
筋膜フォーム https://business.form-mailer.jp/fms/719f8dc120592
新ページ http://irajapan.jp/fascia/
日時:筋膜1・2 2014年11月9日 9:30〜16:30
筋膜3   2014年9月21日 10:00〜16:00
会場:神田小川町あすか会議室(予定)
http://www.ochanomizu.net/ogawamachi/access.html

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。