第三回IAIR学術大会10/28.29

今回改めて、OTって凄いと思えました。

FROM:脳と学習の作業療法士 齋藤 信

 

 

みなさん、こんにちは。

報告が遅くなりましたが、

先日開催した……

『脳と学習のメカニズムを集団療法で活用する方法』

特別M02

大阪開催の様子をお知らせします!

 

スクリーンショット 2014-09-23 11.28.05 スクリーンショット 2014-09-23 11.31.18

 

と言っても僕がアレコレ言っても仕方ないので、

受講された皆さんの感想から報告します。

 

 

◆ 藤野 翔先生 作業療法士 6年目

IMG_9760

一日の間に、今までやってきて疑問だったことや、新しい情報とが

つながっていく大変有意義な時間を過ごすことができました。

IMG_9761

今回改めて、OTって凄いと思えました。こんなことまで考えられるんだと思いました。

そして、改めてOTの仕事は楽しいと思えました。

 

 

◆ H先生 作業療法士 3年目

頭を使って疲れました。

脳の生理学から記憶と学習のメカニズムまで、

実際のリハビリ場面で意識して取り入れたいです。

IMG_9746

 

◆ 勝木先生 作業療法士 5年目

セミナー構成も学習効果に沿っていることを体感できました。

情報量が多かったですが、MIGに沿って身につけていきたいです。

ボール投げ(ワーク)楽しかったです。

IMG_9762

 

◆ A先生 作業療法士 3年目

脳について深い知識を身につけられて、とても良い時間を過ごせました。

IMG_9759

 

◆ 藤田先生 作業療法士

今まで漠然と行っていたプログラムに対しての不安感が解消されました。

IMG_9758

 

◆ 中平 昇吾先生 作業療法士 5年目

IMG_9757 脳科学的な面と、脳の働き、機能的な面の説明があり、

難しい内容をわかりやすく、楽しく学べました!

明日から自信をもって取り組めそうです!

心の三原色、MIG、Mini-MIG、BREAK効果……

目からウロコな事や、新しい知識で一杯でした。

脳の法則に従って復習します!

 

 

◆ N先生 作業療法士 5年目

苦手意識のあった脳科学がしっくり理解できて嬉しかったです。

精神科OT、奥が深いです……。

どこまでしっかり証明されているか、という話も興味深かったです!

IMG_9754

 

◆ B先生 作業療法士 3年目

今抱えている職場の問題(プログラム・人員配置・新人教育)についても、

今日学んだ「ちょっとした視点の変化」と「記憶の捉え方」が

有効に働くのではと感じています。

IMG_9753

精神科OTとしては「TRY ALL」の気持ちをもって、前に進んでみようと思います。

自分が動けば、周囲に起こる変化もこれまで以上に、Positiveに捉えられそうです。

何より自信がつきそうで、元気になれるセミナーでした。

 

 

◆ C先生 作業療法士 12年目

脳科学で難しいことばかりと思っていましたが、

身近なことに置き換わり、ワークタイムがあったりで、

わかりやすかったです。

IMG_9752

 

◆ 山口 政彦先生 作業療法士 12年目

【本日の感想】IMG_9751

自分たちがやっていることが間違いでないことが実感できました。

どういう意味があるのか、しっかり説明し伝えていきたいと思います。

【特に学びになったことは?】

作業活動と脳科学が密接な関わりがあることがよくわかりました。

学んだことを意識して、患者さんと関わっていきたいと思います。

【参加動機・きっかけ】

今している関わりに意味があることはわかっていましたが、

説明できないことにもどかしさを感じていました。

自分がしていることの意味を理解し、患者さんへの関わりにつなげたいと思いました。

【講師に一言】

ありがとうございました。

ステキなセミナーでした。感謝いたします。

 

 

◆ あんな先生 作業療法士 8年目

臨床でやっていたことがきちんと根拠のある事だと学び、自信を取り戻せた気がしました。

自分自身でも説明できるよう、復習を繰り返していきたいと思います。

IMG_9747

まだまだ学びたいことがたくさなりますが、まずは今あるもの、今できるものに

少し何か取り込んでいきたいと思いました。

作業療法士になってよかった誇りに思えるOTになりたいと改めて思いました。

IMG_9748

 

 

ありがとうございました。

……うん。

なんというか、僕自身も予想外でした。

確かにテーマは『自信をとりもどせ!』でした。

でも、まさか『勇気』『元気』が湧いてきてもらえるとは

正直、そこまで思っていなかった!

ですので、僕自身も皆さんの感想から

目からウロコです。

 

 

異口同音で数多くのOTさんからいただいた言葉が、

『今やっていることは間違いじゃなかった』

『OTって凄い。作業療法士で良かった』

僕もOTです。

 

そう言ってもらえて、こんなに嬉しいことはありません。

 

さ~て、今週土曜日は東京開催です。

気合い入れていきますか!

 

スクリーンショット 2014-09-23 11.30.14
IAIR 脳と学習の作業療法士 齋藤 信

 

追伸

スクリーンショット 2014-09-23 11.32.51まだ若干名の席があります。

あと4名でしたら、入れますよ。

今行っている作業療法に自信を持ちたい方はコチラ

http://iairkanto.jp/?p=72

 

 

 

スクリーンショット 2014-09-23 11.30.38 スクリーンショット 2014-09-23 11.31.59 スクリーンショット 2014-09-23 11.29.19 スクリーンショット 2014-09-23 11.28.54
 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。