管理職養成12回コース

リハ科の目標は何ですか?

From:IAIR-GM 齋藤 信

 

 

さあ、2ヶ月にわたって連載しているリハドラシリーズですが、success02

そろそろより本質的な問いにチャレンジしていきたいところです。

 

その本質的な問いとは……

”目的””目標”です。

 

 

先日、あなたに確認しましたよね。

”あなたのリハ科の仕事は何ですか?”

って。

 

この問いの答えが”目的”です。

あなたのリハ科がどこに向かおうとしているのか、

を表す言葉。

 

それが目的なんです。

 

ですが、それって、言わばどの山に登るかを決めただけ。

その山に登るためのステップを考えなければならないんですね。

そう、それが目標を掲げること。

 

 

目標は達成可能な内容で、

一歩一歩進んでいく事

目に見える程、やる気の出るものです。

 

 

現在のリハ科を見て、

将来こう在りたいと目的地を決め、

その未来を現実にするための、

現在するべき事を決めていく。

 

 

これが今のあなたにとって、

最も重要な事なんです。

 

 

 

ですが……

きっとピンと来てないですよね。

 

だって、今まで病院や施設の経営幹部が打ち出してきた

理念や年間目標にあわせて部署目標を立てていたのでしょうから。

 

こんな声が聞こえてきそうです。

 

  • 「ウチの病院の目標が○○だから勝手はできない」
  • 「組織目標が現場に合ってないんだよね」
  • 「ウチはトップが出す目標が抽象的すぎて何をしていいのやら」

 

などなど。

実際にこれは僕が以前居た病院の管理職がボヤいていた言葉です。

 

それぞれに僕からいくつか質問しましょう。

 

「ウチの病院の目標が○○だから勝手はできない」

 Q:組織目標とブレた事をしたいのですか?

 Q:勝手、とはどんな事ですか?

 Q:それをしたら、あなたの部署はどう変わるのですか?

 

「組織目標が現場に合ってないんだよね」

 Q:組織の目的は何ですか?

 Q:目的と現場の状況が合ってないんですか?

 Q:現場と合わないという考えそのものに思い込みはありませんか?

 Q:現場に合った目標とは一体何ですか?

 Q:現場に合った目標を達成したら、現場はどう変わりますか?

 

「ウチはトップが出す目標が抽象的すぎて何をしていいのやら」

 Q:抽象的なことを具体的にすることはできますか?

 Q:抽象的な目標になっている目的は何ですか?

 Q:目的から外れなければ、何をしたいですか?

 Q:今、現場でどうにかしたいことと、トップの出してきた目標はマッチしますか?

 

 

 

まあ、色々ツッコミを入れている感じになってますね。

もしあなたが同じように思ったなら、

これらの僕の質問に答えてみてくださいね。

 

 

今までどんなリハ科にしたいかを

考えずにきたのなら、

必ず救いになります。

 

ドラッカーもこう言っています。

「目標を設定する事によって初めて、

 事業は晴雨、風向き、事故に翻弄されることなく、

 達すべきところに達することができる」

 

 

まずはあなたがあなたのリハ科をどうしたいのかを決め、

そのうえで、将来のために何をするのかを考えてみてくださいね。

 

 

関東代表齋藤信03
IAIR グランドマネジャー 齋藤 信

 

 

追伸 1

リハドラシリーズはもう少しで一旦幕かな。

次回は「リハ×コトラー」シリーズはどうでしょう?

 

追伸 2

ちなみに、2015年1月4日(日)に

目的を見つけ、行動ステップを作る! 目標設定セミナー2015

を開催します。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Evtmsum

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。
IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。
2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。
より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。