管理職養成12回コース

リハビリの主力商品って何だ?

From:IAIR-GM 齋藤 信

 

020またこんな表現をすると怒られそうだが、あえて言おう。

 

あなたのリハビリ科で提供している主力商品とは一体なんだろう?

 

 

おそらく、考えた事がないのでは?

 

 

僕のリハドラ記事を読んでくれている人達は、

リハビリ科の管理職

あるいは、訪問や通所リハの経営に携わっている療法士

 

 

最初は……

  • 「え? リハビリは売り物じゃネエよ!」
  • 「医療や福祉をビジネスで語るなよ!」
  • 「は? ワケわかんねー事言ってないでリハビリの話しろや!」

等々、言われてきたものだが、

訪問や通所サービスの経営をしているなら、

分かってくれていると期待して話してしまおう。

 

 

なぜなら、績を上げる事の重性を身にみて理しているだろうから。

 

 

そう、ドラッカー

「主力商品とその他の商品の違いを経営者がどう認識しているかで業績が変わる」

といった意味の言葉を残している。

 

 

だが、実際には、

リハビリは商品でもあり、サービスでもある。

 

なので、このリハビリというものを、《商品》《サービス》分けて考えるのを最初の一歩と思ってほしい。

 

 

リハビリはサービス業に分類されるため、商品という認識を持っていない人が多い

これがその理由だ。

 

 

とはいえ、商品として考えるにあたって、指標がなければ考える事すらできないだろう。

 

なので、いくつかポイントを紹介しよう。

 

 

【現在の主力商品の見分け方】

 □ 患者さん、利用者さんから最も要望の多い内容は何か?

 □ 最もかかる経費が少ない内容は何か?(ヒト・モノ・カネ)

 □ 改善の余地がない明らかな問題をかかえていないか?

 □ 患者さんや利用者さんがそれを選ぶにあたりかかる経費が少ないか?

 □ アプローチが多岐にわたり、患者さんや利用者さんの選択を迷わせていないか?

 

などだ。

 

 

経営者視点をもつ読者諸氏でも、

主力商品ではなく、《思い入れの強い商品》を選択しがちだ。

 

 

経営に携わるなら、一度自分自身の軸を見直し、

高い視点から今の自分のリハ科を見つめ直してみてはどうだろう?

 

 

強みという曖昧な結果ではなく、

業績に関わってくることを約束しよう。

 

 

関東代表齋藤信03
IAIR グランドマネジャー 齋藤 信

 

 

追伸 1

リハ科全体の底上げのためにも、

まずは部下をキーマンに育てたい?

だったらこの方法を試してみては?

http://otjyuku.net/immt/?page_id=46

 

 

追伸 2

新人を肩疾患の専門家にしたい?

だったらまず、結果が出るアプローチをさせてみては?

http://irajapan.jp/shoulder/

 

 

追伸 3

先週のリハドラはコチラ!

『マニュアル化しただけではうまくいかない』(★☆☆☆☆)

 → http://iairkanto.jp/?p=709 

『仕事ばかり増えて給料が増えないの罠』(★★☆☆☆)

 → http://iairkanto.jp/?p=712 

『作業療法士の強みはなんですか?』(★★★★★)

 → http://iairkanto.jp/?p=717 

『宝の持ち腐れ』(★★★★☆)

 → http://iairkanto.jp/?p=723 

『できて当然という落とし穴』(★★★☆☆)

 → http://iairkanto.jp/?p=728 

 

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。