管理職養成12回コース

マニュアル化しただけではうまくいかない

From:IAIR-GM 齋藤 信

 

僕は病院に勤務していた頃、

特に力を入れていたことが二つありました。

 

それは、

《学生指導》《業務の標準化》

この二つ。

 

 

じつは、どちらにも共通するのが、

《療法士の成長》なんです。

 

学生は、言わば、半スタッフ。

新人未満。

ある意味外部からスポットで働きにくる

非常勤スタッフのようなもの。

 

 

その学生が業務で戸惑うということは、

仕事が統一化されていない証拠。

 

 

業務の標準化には、

学生の視点がなかなか参考になったものです。

 

 

そこで身にしみて実感していることは、

マニュアル化をしただけでは上手くいかないということ。

 

 

先日行ったマニュアル構築術も、

実は今現在の業務を分析することに

多くの時間を割いたんです。

 

 

そう。

ただ単に流れ表を作っただけでは、

絶対にマニュアルがスタッフに浸透しないし、

そもそも、業務が標準化するなんて、

夢のまた夢。

 

 

マニュアルをいきなり作ろうとするではなく、

まずは今の仕事を分析することが

一番大切なんです。

 

 

皆さんも、患者さんにいきなりリハビリをしないでしょう?

 

 

問診して、観察して、評価してからリハビリのプランを実施する。

業務も一緒。

 

 

やることって、実はかわらないんですよ。

もし、今、マニュアルがうまくいっていないなら、

あなたの職場や、業務の流れを評価してみたら?

 

 

関東代表齋藤信03
IAIR グランドマネジャー 齋藤 信

 

 

追伸 1

マニュアル構築術。

ほぼマインドマップでの業務分析術になってました(笑)

昼食中の一コマ!

10723311_564640266969612_1612289065_n

 

追伸 2

先週のリハドラはコチラ!

今週から評価をつけてみました!

 

『まあ、仕方ないか、の罠』(★★★★☆)

 → http://iairkanto.jp/?p=657 

『IAIRの秘密を知りたい?』(★★★★★)

 → http://iairkanto.jp/?p=674

『画期的な閃き=イノベーションではない』(★★★☆☆)

 → http://iairkanto.jp/?p=695

『ギャップを感じてる?』(★☆☆☆☆)

 → http://iairkanto.jp/?p=698 

『直感は大事か?』(★★☆☆☆)

 → http://iairkanto.jp/?p=701

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。