管理職養成12回コース

マインドマップ会議術

僕は最初で最後のテクニックを手に入れた事で、大きく人生が変わりました!

それがです!

 

次回より、マネジメントコースは、マインドマップを同時に学びながら、行っていく事としました。

そしてその手始めとして、8月2日(土)に

マインドマップ会議術

 

を開催します!

会議やミーティングで

意見がまったくまとまらないと

お悩みのあなたへ

あなたはこの数字が何を表すかご存知ですか?

《62.2》

 

この数字は、あるアンケートにて病院施設が無駄な会議をなくす工夫をしていないと回答した数字です。
実に62%の病院施設が無駄を放置しているんです。
ですが、仕方ありません。そもそも、会議をすることに、義務以上の価値を感じていないのですから。

入院基本料に含まれた委員会の会議が中心であり、それはただの義務であり、何かを改善したり、より良くするというよりは、定例で集まり、会議をしたという事実のみを書面化し、監査対策として行っているのですから、会議そのものに何も期待しない人達が集まっているんです。

ですが、僕の話を黙ってきいているあなたは、違います。

きっと、こんなことを期待しているのではありませんか?  
・目標を明確にして共有したい

・情報交換や共有をしたい

 ・新しいアイデアを得たい
 ・お互いの連携を強めたい

おめでとうございます。

あなたは、リーダーや管理職になる素質を持っています。

加えて言うなら、25歳以上なら素質満点。

きっとあなたは、有意義な会議にしようと努力を始めている事でしょう。

 

データによると、25歳を境に、無意味に感じる会議に参加している時の対応が変わってきます。
25歳より前なら、若さ故に《おかしい》と正論を言っていますが、25歳を境に《最後まで我慢》するようになってしまうのです。

そう、一般職で終わり、しかも口だけ変えたいという努力しない人は、《抵抗しても仕方ない》と洗脳されてしまった人達です。
ある意味、病院施設の風土の犠牲者です。

 

ですが、あなたは違います。

おそらく、25歳を過ぎて《おかしい》と言い続けているなら、30歳を過ぎたとき《自分で努力してどうにかしてやる》に急上昇するはずです。
あなたが30歳以上なら、心当たりあるのではありませんか?

 

実は僕も同じ体験をしてきたんです。
口だけの一般職が混ざって行う委員会をどうにか良い方向に変えたいと、 あれこれ努力してきました。
試しては一般職に批判され、試しては変化が嫌な職員に足を引っ張られ。
でも、ようやく会議のコツがつかめたんです。

しかも、マインドマップ(R)を取り入れる事で、更に会議は踊るという言葉通り、
あなたが求めてやまなかった活発で有意義な会議を行えるようになったんです。

 

今回は、その会議のコツとマインドマップを用いた実践会議術を行います。
このテクニックを取り入れ、憂鬱な会議から脱出しましょう!

申込はコチラ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Evbuvbs

◆このセミナーを受講して学べる事

無意味な会議をなくせます。
└ 会議が無意味になる理由を回避し、有意義な会議に変えます。 発言できないがなくなります。
└ 会議で決まった人しか話さないという失敗をなくします。 活発な意見交換が出来るようになります。
└意見が活発に出ないのはルールができていないから。ルール化で活発化! 決めた事が次回まで実践されないをなくします。
└ 決めた事を実践する所まで決める方法をお伝えします。 実際に会議をおこなって実践。
└ 実際に行うことで、学んだ事を身に付け、現場で使えるようにします。 マインドマップ(R)を会議に使えるようになります。 └ 会議の場面でどのようにマインドマップを活用するかをお伝えします。

 

◆講義内容

・会議の運営方法
・会議の準備編
・会議のルール編
・根回し前準備編
・決定事項を実践するために
・マインドマップ会議法
・会議の実践ワーク

 

◆講義詳細

対象: PT、OT、STで会議に悩む方 医療系管理職
定員: 30名 講義
日時: 平成26年8月2日(土) 10~16時 (昼休憩1時間、最大延長16時30分)
開催会場: 東京メディカルスポーツ専門学校 基礎医学実習室
講師: IRA研究会アドバンスインストラクター 齋藤 信 (作業療法士、ThinkBuzan公認マインドマップインストラクター) 受講料:
一般受講 39,800円
i-MMTメルマガ会員 19,900円
IRAシルバーメンバー 15,800円
IRAゴールドメンバー 14,800円
マインドマップ超実践参加者 4,800円
i-MMTパーフェクト会員  0円

申込: https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Evbuvbs

 

◆講師プロフィール

S

齋藤 信 作業療法士 ThinkBuzan公認マインドマップインストラクター (IRA研究会アドバンスインストラクター、関東支部支部長) 現在、独立し療法士のコーチングとセミナー活動を中心に行っている。年間のべ1000人以上の療法士を相手に教鞭をふるい、脳と学習のメカニズムを活用したコーチングとセミナーの構成に定評があり、コーチングを受けている療法士らから、新たな発想を毎回得られると好評を得ている。

かつては東京八王子にある精神科病院にて精神科作業療法に従事。高齢化が進む患者さんの機能低下に歯止めをかけたいと、仲村会長に師事。精神科の現場でも身体面のアプローチを積極的に行い、患者さんからの信頼も厚く、順番待ちの列を毎回つくっていた。あわせて病院内の業務改善、院内教育のファシリテーターを行ってきた。

同時期、院外の活動として、作業療法塾を主催し、学生から新人に向けての情報発信を継続して行う。 作業療法学生虎の巻をはじめとして、執筆活動もおこなっており、365日毎日コラム配信をおこなってきた。 2013年、全ては臨床教育をCHANGEするという目的のもと、持てる限りの知識やノウハウを全てを効果的に伝えていくため、マインドマップの開発者トニー・ブザンに師事し、三種あるマインドマップライセンスを全て取得する。

IRA研究会アドバンスインストラクターとThinkBuzan公認インストラクターのダブルライセンスとなったことで、今回『マインドマップ実践会技術』としてIRA研究会講義を行うこととなる。

申込はコチラ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Evbuvbs

 

!!クリックして申込む!!

スライド03 スライド2

 

スライド3

 

スライド4

 

スライド5

 

スライド6

 

!!クリックして申込む!!

 

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。