管理職養成12回コース

ドラッカーは古典だから使えないというバカ

From:IAIR-GM 齋藤 信

 

ドラッカーは最新の経営科学じゃないから使えない。リハドラ

そういった声をききます。

 

が、それ以前に医療の現場では、

医療はビジネスじゃないから、当てはまらないといって、

学ぶことすらしない人が沢山います。

 

 

は~……もったいない

 

 

先日、コストの話をしましたけど、

覚えてます?

 

 

臨床現場では、消耗品がどんどん出て行き、

人手も書類仕事に追われて捻出できない中、

人を人材ではなく、人員として取り扱う、

数字至上主義の経営スタイルになっている……

 

 

まあ、そんな話でしたね。

病院経営をみていると、どう考えてもビジネスなんですけどね~

しかも、下手な経営。

 

 

ドラッカーこそ、

コストがほとんどかからない経営手法だ

って気づいてないですよね。

 

 

ですが、ドラッカーの考えでいけば、

マネジメントは経営者だけが学ぶものではなく、

仕事に携わる一人一人がしっておくべき

”仕事の基本原則”なんです。

 

 

経営者を批判するのは楽でいいし、

同じ愚痴が言える仲間が沢山いて

楽しいですよね。

 

 

でも、同時に気持ちがしぼんできませんか?

いつの間にか、諦めていませんか?

 

 

上下関係がどうの、権力がどうの、

立場がどうのではありません。

 

 

ひとりひとりが、今の職場に、

”どんな新しい未来をつくりたいか?”

という質問をし続けられるかが、これから先のリハビリ業界を

盛り上げることにつながってくる。

 

僕は、そう思っています。

あなたは、どうですか?

 

 

関東代表齋藤信03
IAIR グランドマネジャー 齋藤 信

 

 

追伸 1

一人一人の力は弱いけど、同じ想いの人が集まれば、

新しい未来を作れます。

仕事でモチベーションが下がっていたら、前向きな人達のなかで

少し揉まれてみませんか?

 

 

追伸 2

僕のワークショップに来ると、

「ヤバい、俺、まだまだやれることがある!」

「ヤバい、俺、全然考えてなかった!」

という気づき驚き変化が得られます。

自分が変化する体験をしてみたくありませんか?

http://otjyuku.net/immt/?page_id=46

 

 

追伸 3

何でも基本原則ってものがあります。

IAIRのテクニックは、人体にスポットを当てているため、

リハビリテクニックを効果的にする下地作りのテクニックです。

マネジメントもいいけど、まずはテクニックというならコチラの

基本原則はいかが?

http://irajapan.jp/fascia/

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。