第三回IAIR学術大会10/28.29

トイレ動作の見逃しがちなチェックポイント!

From:IAIR関東支部アシスタント 小林めぐみ

 

こんにちは。

回復期OTの小林めぐみです。

 

突然ですが、質問です。

患者さんの在宅復帰に、

1番大切なことって何でしょう?

 

 

ADL自立?

問題行動がない?

歩行自立?

 

どれも大切ですよね。

でも、意外と忘れがちなことが1つあります。

 

 

それは…

「いかに家族の介護負担を減らせるか」です。

 

もちろん、患者さん本人の生活は大切です。

学生時代から耳にタコができるくらい、

聞かされてきましたよね。

でも、それを支えるご家族様の生活も、

同じくらい大切なんです。

 

以前私が担当させていただいた方です。

高齢の夫婦2人暮らし、主介助者はご主人。

夜間は毎日奥様のトイレを手伝う生活が続き、

ご主人は介護疲れのため10kg痩せ入院。

 

せっかくの自宅生活。

こうなっては辛いですよね。

 

入浴は介護保険サービスを使えば何とかなるけど、

排泄は介助が必要…。

 

 

「ズボンとパンツを上げることができたら、自立なのになぁ」

「パット操作ができれば自立なのになぁ」

 

繰り返し下衣操作の練習をしても、思うように自立度が上がらない。

FIMの点数が上がらず、Drに叱られたこともあります。

 

どうやったらいいんだろう?

他のOTはどうやっているんだろう?

 

私はよくこんな感じで悩みました。

そして、私の後輩たちもよく悩んでいます。

 

では、どうして下衣操作ができないのでしょう?

あなたは、トイレ動作の評価をする際

何をチェックしていますか?

 

 

下衣操作時のチェックポイントを上げてみました。

・立位の安定性

・下方リーチが可能

・オムツやズボンの形状、素材

・手すりの有無、形状、使い方

 

 

どうでしょう?

 

普段、あなたが見ているものと

大きく変わらないと思います。

 

そう、チェックポイントは合っているのですが、

もっとも重要なことはチェックポイントを、

きちんとチェックできているかがポイントとなってきます。

 

特に私たちOTは「立位の安定性」

を見られているかどうかが大事なポイントです。

 

まず、患者さんの立位姿勢を見てみましょう。

いわゆる、へっぴり腰で立っていませんか?

 

股関節中間位で、股関節に体重が乗っている→OK

くの字・ガニ股・へっぴり腰(骨盤後傾位、股関節・膝関節屈曲位)、股関節に体重が乗っていない→NG

 

股関節に体重が乗っていない状態での立位は不安定です。

その状態で下衣操作を行おうとするとバランスを崩す恐怖感もあり、

支持物なしでは難しいですよね。

 

股関節のアライメントを整えると…

体重をしっかりと股関節で捉えることができるようになり、立位が安定します。

 

ちなみに先ほどの患者さんは股関節の治療を行い、立位が安定しました。

そして、病棟生活でもなるべく自分で行っていただくようお伝えしました。

1ヶ月程で、日中はトイレ、夜間はPトイレでの排泄が自立になりました。

 

OTでもこんな介入方法があるんです。

意外とADLの評価の際には「立位の安定性」を

見逃しているかもしれません。

 

 

私たちIAIRではOTでも自信をもって

「立位の安定性」を見られるようになるセミナーがあります。

 

(認)B-class リハビリの臨床で結果が出せる 下肢の評価とアプローチ
定員 40席(残席20
下肢申込 https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=21
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/nintei/lowerlimbs/
日時:下肢1 2017年10月8日 9:30~16:30
   下肢2 2017年11月11日 10:00~16:00

 

 

[IAIR 関東支部フェイスブック] 

いいね!を押して連載コラムをチェック! 

https://www.facebook.com/iairkanto 

追伸1

【新人が確に結果が出せる技術集

結果が出せずに悩んでいませんか?

悩んで立ち止まるより、仲間達と情報交換することで解決できることもありますよ。

>>> http://iairkanto.jp/seminars/nintei/beginer/

 

B-class認定講座第7期の募集開始!

これまで276名の結果が出せるセラピストを輩出してきたこのコース。
新人から、身体アプローチをしてこなかった精神科作業療法士まで、誰でも習得できる、
習得率の非常に高い再現性のある技術集です。

何より、脳科学的エビデンスに基づいた学習法を取り入れているので、
習得翌日の臨床から現場で使えることをお約束します。

IAIR認定講座は学んで終わりにはしません!

今すぐ、お申し込みください! >>> B-classライセンスコース申込

(認)B-class リハビリの臨床で確実な結果が出せる 脊柱の評価とアプローチ
定員 40席(残席18
脊柱申込  https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=18 
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/nintei/spinal/
日時:脊柱1 2017年6月11日(日)
   脊柱2 2017年7月8日(土)

(認)B-class 頸部体幹治療の為の筋膜、軟部組織アプローチ
定員 40席(残席20
筋膜申込  https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=19
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/nintei/fascia/
日時:筋膜1 2017年7月9日(日)
   筋膜2 2017年9月9日(土)

(認)B-class 臨床で結果が出せない原因が分かる リハビリセラピストtune upセミナー
定員 40席(残席20
TUNE UP申込 https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=22 
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/nintei/tuneup/
日時:TUNE UPセミナー 2017年8月19日 10:00~16:00

(認)B-class 評価とアプローチの為の触診”達人のタッチ”
定員 40席(残席20
触診申込  https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=23
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/nintei/touch/
日時:触診セミナー 2017年8月20日 10:00~16:00

(認)B-class リハビリの臨床で結果が出せる 上肢の評価とアプローチ
定員 40席(残席20
上肢申込  https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=20
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/upperlimbs/
日時:上肢1 2017年9月10日 9:30~16:30
   上肢2 2017年10月7日 10:00~16:00

(認)B-class リハビリの臨床で結果が出せる 下肢の評価とアプローチ
定員 40席(残席20
下肢申込 https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=21
詳細ページ http://iairkanto.jp/seminars/nintei/lowerlimbs/
日時:下肢1 2017年10月8日 9:30~16:30
   下肢2 2017年11月11日 10:00~16:00

B-class検定試験
検定申込 https://iair-member.jp/kantou/html/products/list?category_id=48
詳細ページ http://irajapan.jp/basic12finished/
日時:東京B1・2検定 1日目 2017年12月9日 10:00~16:00
            2日目 2017年12月10日 10:00~16:00

 

今月のセミナー予定はこちら
http://iairkanto.jp/calender/

よくあるご質問と回答はこちら
http://iairkanto.jp/faq/

ご質問・リクエストなどはこちらから
http://iairkanto.jp/info/

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す