管理職養成12回コース

デキる上司がしているマチガイ

From:IAIR-GM 齋藤 信

 

才能あふれ、やる気も十分。040

自分の仕事は正確かつ迅速。

頭がよく、何でもできてしまう。

でも、なぜか人望がない。

 

 

こんな人って、周りにいませんか?

 

 

更に、デキるのに残念な上司はこんな言葉を部門長会議などでボヤキます。

 

「部下が使えなくて……」

 

はい、人望が無いのは当然の報いですね。

 

 

そもそも、上司と部下は

能力も経験も得意分野も違う個人なんですから!

そりゃあ、部下の行動や仕事を見ていて、もどかしくなることもあるでしょう。

 

でも、ちょっと待ってください。

 

仕事内容を共有していても、仕事に対しての考えや、大切にしているものが何なのかまで一緒とは限りません。

 

 

むしろ、違いますよ。

 

 

こういう上司ほど、

「忙しい」が口癖になっていませんか?

 

 

そりゃあ、そうでしょうよ。

だって、部下に仕事を任せてないんですから。

 

 

本来なら現場の人間で解決するべきことまで、

上司に丸投げさせる仕組みを自分で作っちゃったんですから、

忙しいのは自業自得。

 

 

部下はきっとこう言ってますよ。

「どうせ、科長がやってくれるよ」

ってね。

 

 

以前もいいましたが、

上司の仕事は部下を育て、成果を出させること。

 

 

ついでにドラッカーはこうも言ってます。

”人が最もやる気を感じて成果をあげるのは、

その人のスキルと判断力のレベルにマッチした仕事で

責任と権限を与えられたときだ”

ってね。

 

 

もちろん、誰彼構わず責任と権限を与えろという話じゃありませんよ。

人によっては、思った以上に簡単な仕事の方がマッチングする場合だってあります。

 

期待するあまり、自分と同じことを求めるのもNG!

何でもやらせてみるのはいいが、責任と権限は考えて与えること。

 

そのためにも、まずは……

部下をもっと良くみてあげてくださいね。

 

 

関東代表齋藤信03
IAIR グランドマネジャー 齋藤 信

 

 

追伸 1

部下をもっとよくみる、とは言っても、何をどう評価したものか……

評価法を知っていても使えないなら、知識とは言いません。

知識を確認し、ワークで使う練習をしてみませんか?

http://iairkanto.jp/?p=881

 

 

追伸 2

本日、無料Webセミナーの募集を始めます。

『みれば出来る療法士のための速読法』です。

もし、あなたがもっと本を読んで勉強したいという勉強家なら、

色々と手を出す前に試してみませんか?

http://iairkanto.jp/?p=909

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。
IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。
2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。
より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。