第三回IAIR学術大会10/28.29

イノベーションという勘違いをしていませんか?

FROM:IAIR-GM 齋藤 信

 

熊の木彫りあなたは、イノベーションという言葉をご存知ですか?

 

まあ、何度も僕が使っているので、

なんとなくイメージができます?

 

ドラッカーの言葉で、最も浸透した言葉かもしれませんね。

 

《新しい価値の創造》

ああ!

それそれ!

とか、言ってないですよね(笑)

 

 

でも、ちょっと待ってください。

 

 

新しい価値の創造って、一体全体、

何を指しているのでしょう??

 

 

  • 新しい……ってくらいだから、誰も見た事もない、もの凄いアイデアのこと?
  • 価値……って言うけど、色々ありすぎない? 何に価値を感じるかなんて、個人によるじゃん!
  • 創造……するワケだから、画期的で、真新しくて、ゼロから開発した物じゃなきゃ!

 

 

色々考えてしまいますよね。

ですが、それらは全部間違っていると思いましょう。

 

 

イノベーションって、閃きやアイデアから始まりますが、

大きな変化や開発ではなく、地味で小さな改善や手順の見直しなどから

生まれるんです。

 

 

実は、ここ数回のリハドラでは、

このイノベーションにつながる話をしていたんです。

 

 

復習もかねて、イノベーションを発見する7つのポイントを

確認してみましょう!

 

 

1:予期せぬ成功・失敗を活かす

  • 目論見が外れたところの軌道修正をしてチャンスに変える。

2:不調和に注目する

  • 理想と現実のギャップを解消し業績改善につなげる。

3:欠けているものを見つける

  • 事業がいまひとつ伸びない原因である何らかの欠落を解消する。

4:産業構造の欠落に注目する

  • 産業のトレンドの変化を察知し、新しいニーズに応用する。

5:人口構造の変化に注目する

  • 日本では少子高齢化が更に進むので、ターゲットを予測してビジネスを実践していく。

6:消費者の意識の変化をとらえる

  • 同じものに対する消費者の認識は突然変わる。それにあわせてビジネスも変化させる。

7:研究・開発を利用する

  • 新しい知識を獲得して、それを新商品・サービスにつなげていく。

 

 

ね、地味でしょ。

確かにアイデアを活かす事も必要なのですが、

画期的なひらめきほど、実現し、成功させる事が

難しいんです。

 

 

ビジネス、という表現を多用しましたが、

医療や福祉もビジネスです。

 

 

非営利ビジネスって言葉は聞いた事がありませんか?

 

 

実はドラッカー最後の講義は『非営利企業のためのマネジメント』だったんですよ。

 

 

5年程前……これからの時代、

非営利ビジネス企業……医療、福祉、教育、公共団体など……ほど、

このマネジメントの考えが必要不可欠になると言っておりました。

 

 

今の医療業界、病院などを例にしてみれば、

前向きな院長や事務長がいるところで、既に改善を始めています。

 

 

顧客(患者)から得た《ウチの病院の強みは何か?》

打ち出してきたり、ね。

 

特徴のあるリハプログラムや、疾患別押しの通所リハ施設が

増えてきているのも、他社との違いを考え始めたからなんですよね。

 

 

さて、では、あなたが所属している組織はどうでしょう?

イノベーションを考えていそうですか?

 

 

関東代表齋藤信03
IAIR グランドマネジャー 齋藤 信

 

追伸 1

最近ガッツリ書いているせいか、配信が遅くなってますね。

「朝読めないので、昼にじっくり読んでます」

という声も多いのですが、どうですか?

追伸 2

それ以前に、内容はガッツリすぎます?

あなたの悩みとマッチングしないと、為になったで

終わっちゃうんですよね。

追伸 3

もし、あなたの悩みや問題をどうにかしたいなら、

僕に相談してみませんか?

メルマガで返信する代わりに、初回無料でお答えします。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvhAhlIRnM

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。