第三回IAIR学術大会10/28.29

お腹が動くのが分かりました!

imageこんにちは!

関東女子会部長さとみんこと

IAIR認定インストラクターの中澤里美です。

 

今日、訪問リハビリの職場で同僚のセラピストが訪問から戻るなり

「お腹が動くのが分かったのよ〜」

「ありがとう!!!」

と嬉しそうにわたしに言いました。

 

なぜかというと、先日わたしが便秘の患者さんに対するお腹の見方を伝達したのを実践したというのです。

 

彼女は

「お腹の動きが分かった!!」

ということと

「患者さんに喜んでもらえた!!」ことで自分の介入で効果があったことをとても喜んでいました。

 

その方は

下痢と便秘を繰り返すタイプの方で

いつもお腹の調子が優れないとのこと

だったので

 

 

腹膜のリリースの方法をひとつだけ

指導しました。

 

そのやり方は

鼠径の少し上(丹田のあたり)に

手をあてそっと腸を持ち上げるようなイメージで腹膜を頭側へ軽く圧迫し

5〜10秒待ちます。

 

円背などで下垂気味の腸の状態を

緩めることで

蠕動運動を促すものです。

 

腸の蠕動運動音が弱い方でも

10秒ほど手を当てているだけで

「ぐるぐる〜っ」と

活発に動いてくることもあります。

 

 詳しくは

6月7日の便秘解消セミナーhttp://iairkanto.jp/ladies00/

または認定講座で聞いて下さいね^ ^

 

 

それでは最後までおよみいただきありがとうございました!!

 

P.S.

便秘解消セミナーは

来週6月7日開催です!!

詳細はこちら↙︎

 http://iairkanto.jp/ladies00/

 

 IAIR関東認定インストラクター

アロマヒーリングセラピスト

中澤里美

 

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。