管理職養成12回コース

お盆休みはエキサイティング

FROM:IIRA関東支部代表 齋藤 信

 

 

みなさん、おはようございます。

 

お盆は相変わらずどこも混雑。

 

実は実家のある福島に妻と里帰り中です。

 

 

福島……夜が寒い!

 

それだけじゃあなさそうですが、

妻共々、1日でノドをやられました。

 

 

とんでもない混雑の東京駅をウロウロしたのが

良くなかったかな~と反省。

 

 

でも、ちょっとだけ環境を変えてみるのって、

いいことですね。

 

 

いつもと違う風景、違う人、違う視点、

色々な発見がありました。

 

 

あなたもそんな事って、ありませんか?

 

 

たとえば、今の仲間とよくする会話や話題。

 

小中学校時代の地元の友人と同じ話題をしてみれば、

全然通じなかったり、異邦人を見るように引かれたり。

 

「都会の人になっちゃったのね」

 

ってこともあれば、

自分で『ああ、俺の常識って業界の常識だったのか』なんて

気づくことだってあります。

 

 

一つの事に集中していたり、同じ場所に居続ける事で、

実はその場所の居心地のよさに慣れきってしまいます。

 

 

安定した状態を保とうとする脳の機能が働いているんですよね。

 

 

でも、どんどんオートマチックになっていって、

深く考えないで、反射的にできるようになってしまうのも

この状態。

 

 

あまりいい状態とは言えませんよね。

 

 

ですうが脳のもう一つの機能として、

『変化や新しい刺激を好む』というものもあります。

 

 

先のエピソードにもあったように、

ちょっとだけいつもの枠……

コンフォートゾーンを破る体験をすることで、

脳が活性化し、同じ日常や凝り固まった思考を

柔軟にしてくれます。

 

 

お盆休みで、親戚が一堂に会したり、

いつもと違う世界を旅行してみたりと、

日常の枠から少しだけ飛び出るタイミングが

持てる事でしょう。

 

 

是非、この機会に

つまらない日常から踏み出し、

新しい刺激を脳にインストールしてみてくださいね。

 

 

関東代表齋藤信03サムネイル

IIRA関東支部代表 齋藤 信 

 

 

 

追伸 1

実は、あえて誤字……というか、一文字余計なことが書いてある文章を

残してみました。

間違い探しをしてみてください。

意外と気にせずオートマチックに読み進めている事がありますよ。

 

 

 

追伸 2

日常をもっと楽しくする方法は他にも沢山あります。

http://iirakanto.jp/?p=218

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。
IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。
2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。
より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。