管理職養成12回コース

【復習ブログ その3】 2017.6.11 脊柱1セミナー

ハロー!

 

 

前回からお送りしている
東京第7期 認定講座「脊柱セミナー」の復習ブログ。
本日は最終回となる、その3をお届けして参ります。

 

7/8開催の脊柱2に向けて、
効果的に学びを深めていきましょう!

 

 

 

脊柱へアプローチする際に大事なポイントは、

3つありました。

 

1つ目は、骨to骨タッチ 

 

2つ目は、目的を確認すること 

 

そして3つ目は、待つこと!

 

特に頚椎へアプローチするときに重要なポイントでしたね。

 

それを頭に置きつつ、

今回はC1へのアプローチ法について
復習していきましょう。

 

 

~セミナーの復習~

【C1の触診、アプローチ法】

 

《目的》:〇〇〇を広げること!
     (関節は〇〇って(〇〇て)〇がるんでしたね。)

 

 

《ポイント》
・探しづらい時は片方ずつ探す

・グッと押さない。

・密着させて待つことで

 軟部組織を圧縮し骨にコンタクトできる。

 

 

 

 

 ランドマークはどこでしたか?

 忘れたときは基本に立ち返りましょう!

 

 

 

 

 

赤羽博士からも
アドバイスがありました。

IMG_0380 IMG_0377

 

 

 

 

 

 

 

 

左右の写真の違い、分かりますか?

左側だと、
前方で固定している点、椎間関節、後方で固定している点がずれているので、
力を加えると頚部が過伸展してしまいます。

また強い刺激が加わると、
気分が悪くなったり
めまいが起こったりするので
優しく、そっとアプローチしていきましょう。

 

 

C1をしっかり捉えることは
初めは難しいと思いますが、

焦らず、解剖のイメージを持ち、
骨to骨タッチでそっと触って待ってみて下さい。

徐々にスッと触れるようになってきます。

わからなくなったら、
お渡しした脊柱の絵を見返して下さい。

 

 

 

 

【本日のまとめ】

 

今回のポイントとなるのは、
待つことでしたね。

 

脊柱では、変化が出てくるのを
「待つ」姿勢が重要となります。

 

ぜひ、復習ブログを活用して、

目的とポイントを確認しながら
研鑽を積み重ねて下さいね。

 

 

 

さて、開催から2週間が経過し、

 

 どんな場面で脊柱に介入すると、
 患者さんにとって有効でしたか?

 

こちらも意識しながら、
取り組んでみてくださいね!

 

 

 

 

わからない事がありましたら、ぜひイントラに聞いてください。

 

それでは来月脊柱2でお会いしましょう!

 

See you soon!

 

P.S.

「一緒に復習できる相手が欲しいな…」

そんな時には、復習会へ参加してみてはいかがでしょう?

復習会は、

東京では毎月第3水曜日

神奈川では毎月第1木曜日に開催していますよ。

 

詳しくは、

東京会場:大戸(shingo_ohto@iairkanto.jp)

神奈川会場:大塚(hisashi_ohtsuka@iairkanto.jp)

へ、お問い合わせください。

 

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す