第三回IAIR学術大会10/28.29

「勉強を現場に落とし込む方法って知りたい?」【POSお仕事サポーター】(08)

FROM:IIRA関東支部代表 齋藤 信

 

みなさん、こんにちは。

土曜日のコラム、POSお仕事サポーター!

国際統合リハビリテーション協会の齋藤でございます。

 

 

前回は藤野先生からのご質問にお返事をした、

話を受け止めるのが辛くなった時にどうするかの話でした。

(前回の内容:http://iirakanto.jp/?p=177 )

僕の経験談ですので、他の考え方もあるでしょう。

是非、現場で自分流をみつけてくださいね。

 

 

さて、今回は

理学療法士のF先生から

こんな質問をいただきました。

 

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

『勉強した内容の実際場面への落とし込み方について』

 

いつもメルマガを拝読しております、理学療法士のFと申します。

質問です。

様々なビジネス書や自己啓発関連のものなどを読むのですが、いまいち実際の場面に落とし込むのが難しい状態です。

具体的に読んでいるものとしては、7つの習慣やダン・ケネディのメルマガが多いです。

落とし込む際のコツや、もしくはその具体例を挙げて頂けると幸いです。

よろしくお願い致します。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

 

F先生、ご質問ありがとうございます。

 

 

これは……凄い。

読書家なんですね。

 

7つの習慣やダン・ケネディは

とても参考になる内容ばかりですからね。

 

 

とはいえ、実際の場面に落とし込むのに悩まれるのは、

結構多くの方が陥るポイントみたいですね。

 

 

実際、ダン・ケネディのニュースレターは難解で、

しかも海外事例ばかり。

 

日本でダン・ケネディと提携しているダイレクト出版では、

先月から解説と日本事例を同時に発行するようになった程です。

 

 

社長をしてビジネスを実際にしている数多くの方達でも

ダン・ケネディの言っている深い意味を捉えるのは難しいんです。

 

 

難しく感じるのも無理のないことです。

 

 

そんな時の僕のオススメの方法ですが、

『解説本があれば、その内容から実践してみる』

のが一番です。

 

その理由は、

日本で実践している人によって

原著の一番注目してほしいポイントを

初心者向けに解説しています。

 

そして自身の実践例や、

現場での落とし込み方まで

書かれているものだってあります。

 

なので、手を出しやすいテクニックから使う

というやり方になります。

 

 

 

もう一つ紹介しましょう。

 

ビジネス書についてですが、『3段階で落とし込み』ます。

 

 

1:同じジャンルの本を何冊も読む。

2:複数読んだ内容の共通点を探し出す。

3:共通点だけ実践する。

 

 

一般のビジネス書は、もともとある海外のビジネス書の廉価版だったり、

著作権や商標登録上の問題でテクニックの名称をオリジナルなものに

変えたものが増えすぎました。

 

 

ですので、この3段階で色々物色していくうちに、

原著や元のノウハウが何だったかが見えてきます。

 

その先で初めてビジネス専門書……

 

ダン・ケネディやコヴィー博士(7つの習慣)、

コトラーやドラッカー(マネジメント)の著書を読んでみると

ようやく自身の現場や日常に落とし込めます。

 

 

と、大きく二つの方法を紹介しました。

が、もう一つだけ加えましょうか。

 

 

僕が落とし込む際に必ずやる方法……というか、

考え方をお伝えしましょう。

 

 

 

『状況にあわせて方法を選ぶ』です。

 

 

リハビリや治療のアプローチって、

それぞれの患者さんにあわせてアプローチを選択し、

実践しますよね。

 

 

それと全く同じで、現場で直面した仕事の状況にあわせて

手持ちの方法や、考え方を選択するんです。

 

 

しかも本の内容を全部覚えておく必要はありません。

どの本にどんな方法論や考え方が書いてあったのかさえ覚えていれば、

具体的な内容は本を開きながら行えばいいんです。

 

 

ビジネス専門書になれば、全部を実践するには膨大ですし、

問題に直面しなければ活用できないものばかりです。

 

僕もビジネス専門書は買ったらまず目次を読んで、

セクション毎のまとめ部分を読んで、

一度通読して終わりにします。

 

新たな問題に直面してから解決法を探るために

本を読むんです。

 

 

ああ、このことを一言で表現できますね。

専門書って『辞書』扱いなんです。

 

 

辞書を『あ』から順番に『わ・を・ん』まで読みませんよね。

 

 

そういうふうに捉えていただければ、

『実際の場面に落とし込む』ことに

こだわりすぎず、今の現状に合った

解決方法を見つけることができますよ。

 

 

 

ということで、この辺にしておきましょう。

 

F先生、今回のお返事が解決の糸口になれば幸いです。

 

 

 

ではみなさん、また来週お会いしましょう!

 

 

 

 

*質問を募集しております。

*気兼ねなく、あなたの仕事上の悩みをきかせてくださいね。

《GM齋藤に直接質問できるフォーム》

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvhAhlIRnM

 

 

 

関東代表齋藤信03サムネイル

国際 Integrative Rehabilitation 協会 

グランド・マネジャー 

どM貴公子(R)齋藤 信 

 

 

 

追伸 1

ちなみに、僕が何故マインドマップをおしているのか?

ほぼ30年前……1982年にトニー・ブザンがマインドマップを日本に紹介してから

その内容が変わっていないことがその理由の一つです。

なぜ変わらないのか?

テクニックではなく本質を伝えるからなんです。

 

 

 

追伸 2

9月6、7日(土、日)ご要望により内容変更です!

マインドマップ・プラクティショナーコースを開催!

正直言って、今回の金額設定は間違えました。

通常なら1日45000円の認定講座を

2日で39800円にしたのは……破格すぎました。

次回は値上げか1日だけにすることを検討します。

詳細はコチラ http://iirakanto.jp/?p=218

 

 

 

追伸 3

もっと組織運営を知りたいというならコチラにご登録ください。

週1回メルマガ限定コラムを配信中です。

メルマガ以外では一切公開していません。

【 齋藤のメルマガ限定コラム 】

登録はコチラ http://otjyuku.net/blog/post-175.html

 

 

* お知らせ ******************

IRA研究会総合コラムサイト

http://www.irajapan.com/

*過去配信分のコラムがご覧になれます。

*************************

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。