第三回IAIR学術大会10/28.29

「スケスケの○○○」【POSお仕事サポーター】(22)

FROM:IAIR関東支部代表 齋藤 信

 

みなさん、こんにちは。Radio_齋藤02

土曜日のコラム、POSお仕事サポーター!

国際統合リハビリテーション協会の

セラピストコーチ齋藤信でございます。

 

 

前回は

『最初の一手』についてお話しました。

(前回の内容:http://iairkanto.jp/?p=1053 )

自分の頭の中を見える化することが大切!

というお話でした。

 

*この先を音声で聞くならコチラ >>> http://youtu.be/qAc1u4Mb5t4 

 

見える化……

この考え方って、とても重要だと思いませんか?

人間の抱える問題の全ては人間関係に帰結する……

なんて言葉があるように、

他人の考えていること程

見えないものはありません。

 

見えないから不安になり、

見えないから攻撃したり、

見えないから排除する。

 

そんな行動化のすべては、

見えない不安がもとになっています。

 

あなたが中間管理職で、

院長や部長から理由も言わずに

新しい業務を増やしてきたら、

あなたは「え?なんで?」って

なるでしょう?

 

で、仕方ないから、

そのまま部下に下ろせば、

「え?なんで?それってオレらの仕事なの?」

とより反発が大きくなりますよね。

 

 

何でもそうですが、

しっかりと説明をする、という責任が

上に立つ者……いえいえ、

人と関わる仕事をする方全てが

持つべき責任なんです。

 

 

とはいえ……僕自身も

「(自分のこととなると)説明がヘタクソだよね」

と、よく仲村顧問から言われてます(笑)

 

 

説明することって、

意外と難しいと感じるし、

面倒と思ってしまうのでしょうね。

 

でも、ここは肚を括りましょう。

 

ちゃんと説明すれば、

業務内容が増えて忙しくなっても、

部下はわかってくれます。

 

むしろ、分ってくれているだろう、

で行動している時ほど、仕事内容が自由奔放な代わりに

上司に対しての文句や要望が多いですね(笑)

 

この比較にもあるように、

説明が甘いほど、部下は不満というか、

不足感を感じ、それがもとになってストレスを感じます。

 

脳科学マネジメントでいうところの、

全体性の欠落状態。

 

パズルの1ピースが足りなくて、

不安感や軽度のストレスを脳が感じている状態です。

 

あなたや業務が増えたことに対して

嫌がっているのではないんです。

 

「わからない」と脳が感じていることが

イヤなんです。

 

もし、部下が反発してきたとき、

  • ・どうにも部下が行動してくれない!
  • ・何でわかりきったことでもやらないの?
  • ・いやいや、この前言ったじゃん!

とか思ったなら赤信号!

 

強引に進めるのではなく、

立ち止まって、改めて説明し、

あなた自身が何を考えているのかを

教えてあげてください。

 

”説明は早ければ早い方がいい”

ですよ。

 

でないと、大火事になってからの火消しは

説明すること以上に大変な労力を必要としますからね!

 

と、いうことで、

今回はこの辺にしておきます。

 

困っている方の悩みを整理し、

解決につながる一手を一緒にみつける!

そんなサポートをさせていただきます。

 

これからも、一緒に成長していきましょう!

 

関東代表齋藤信03
IAIR グランドマネジャー 齋藤 信

 

追伸 1

もし、説明する為の自信が持てないというなら、

その原因は、あなた自身の目的意識にあるかもしれません。

ちょうど年末です。新年に向けて、ちょっと考えてみてはいかが?

 

追伸 2

何から考えていいのかわからない?

なら、その手助けができるかもしれません。

 >>> http://iairkanto.jp/?p=1113

 

追伸 3

 今後の齋藤セミナーの予定を公開します。

12月6日(土)療法士の為のマインドマップ速読術
 >>> http://iairkanto.jp/?p=888

12月7日(日)2015年の目標&アクションプラン作成セミナー
 >>> http://iairkanto.jp/?p=1113

12月20日(土)集団療法に自信が持てない療法士の為の脳と学習のメカニズムを集団療法に組み込む法
 >>> http://iairkanto.jp/?p=1068

1月31日(土)第2回 療法士の為の超実践マインドマップ講座(描き方編・情報整理編)
 >>> http://iairkanto.jp/?p=1089

2月1日(日)第二期マインドマッププラクティショナー養成講座
 >>> http://iairkanto.jp/?p=1077

 

追伸 4

コラムテーマを募集中です。

きいてみたい内容をフォームにご記入ください。

《GM齋藤に直接質問できるフォーム》

 https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvhAhlIRnM

 

* お知らせ ******************

IAIR総合コラムサイト

http://www.irajapan.com/

*過去配信分のコラムがご覧になれます。

*************************

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

精神科にて13年勤務し、心身へのアプローチ法を習得、実践して来た。 IAIR顧問の仲村に師事。認定アドバンスインストラクターとなる。 2013年に独立し、精神科作業療法士に自信を取り戻してもらう事を目的に、齋藤の行ってきた作業療法の構成法や身体アプローチ法を伝える講習会活動を本格的に開始。年間のべ1000人以上の療法士に教鞭をふるう。 より科学的なエビデンスをアクティビティに取り入れるため、セロトニン研究の第一人者東邦大学名誉教授有田秀穂医師、脳と学習の世界的権威トニーブザン氏らに師事。精神科で行われている作業療法やレクリエーション、集団セッションの可能性が大きく広がる。