第三回IAIR学術大会10/28.29

○○に負担のかかる姿勢って?

FROM:藤田智史

 

皆さんこんばんは。

 

IAIR認定インストラクターの藤田智史です。

寒い日が続いていますが体調の方はいかがでしょうか?

 

前回はうさぎで見ましたが、今回は人体で見ていきたいと思います。

 無題1http://urx2.nu/eOuy

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

園部俊晴先生2)は身体にメカニカルストレスを与える要素として

  • 身体重心、
  • (姿勢を含めた)体幹アライメント、
  • 局所の関節肢位

が影響を与えると説明しており、

体幹アライメントで大きく影響を与えるのは骨盤であると述べています。

 

今回は静止立位の状態で、骨盤の変化に対して下記の図を見ながらどうなるか見ていきましょう!

緑の部分が筋活動が多く要求される部位になります。

 

後傾

 

<骨盤後傾位>

 上半身質量中心後方,重心位置後方となります。

 福井先生1)がおっしゃられるように「現在考慮する関節から上部

にある質量中心位置が,水平面上その関節からどの程度離れている

か」で関節モーメントを評価するため

 この場合、各々の関節の上の質量中心が後方を通るため股関節、

膝関節、足関節すべて前面の筋活動が増加することになります。

 

 

前傾

<骨盤前傾>

上半身質量中心前方、重心位置前となります。

上半身質量中心は股関節・膝関節前を

重心位置は足関節前を通ることになり、

下肢後面活動が高い状態になります。

 

 

 

 

 

後方移動

 

<骨盤後方移動>

上半身質量中心前方,重心位置後方となります。

上半身質量中心は股関節・膝関節前を通り、

重心位置は足関節 後方を通ることになり

ハムストリングスおよび下腿前面筋の活動が高い状態になります。

 

 

 

 

前方移動

<骨盤前方移動>

上半身質量中心後方,重心前方となります。

上半身質量中心は股関節の後ろを通り、

重心位置は足関節の前面を通ることになります。

すなわち、大腿前面筋と下腿三頭筋の活動が高くなる。

この姿勢はアキレス腱炎でよくみられる姿勢で、ハムストリングス収縮力は弱いことが多い状態となります。

 

 

今回は静止立位の状態で見ていますが、観察の目的とする関節の状態も大切ですが、その関節にかかるメカニカルストレスはその関節よりも上にある身体組織によっても変化することになるのです。

(もちろん局所下節の状態も大切ですよ!)

 いかがでしたでしょうか?

 

 骨盤の状態ひとつで上記のように、要求される下肢の筋活動も変化してきます。

【常に繰り返しメカニカルストレスがかかる】

このことを考えると、痛みを訴える部分がある場合、その筋力が足りないだけで しょうか?

 

 今回は健常者が骨盤の肢位を変えた場合での話となりましたが、これに加えて各関節の拘縮などによっても変化する場合もあります。

 どのようにこれらを変化させていくかといったことも今後私の考えをお伝えしていきますね。

 お読みいただきありがとうございました(^^)

 

///////////////////////////////////////////////////////
—●○
 IAIR 認定講習会の案内 ○●—
///////////////////////////////////////////////////////

IAIRのセミナーを体験してみませんか?
・【機能的な体幹を獲得するための徒手&促通テクニックセミナー】

開催日時 2016年12月17・18日(土・日) 両日10:00~16:00

残席わずか!
12/16 18:00まで受付中!

会場:砂町文化センター 和室
(〒136-0073 東京都江東区北砂5-1-7)

詳細はこちら
》》》http://iairkanto.jp/iaircore/

【臨床で確実に結果が出せるIAIRコンセプトに基づくテクニック集セミナー】
開催日時 2017219日(日) 10001600

会場:東京メディカルスポーツ専門学校
(〒134-0088 東京都江戸川区西葛西3-1-16)

詳細はこちら
http://iairkanto.jp/seminars/nintei/beginer/

OTOTによるOTのためにセミナー】
4月15・16日(土日)
詳細はこちらから
http://iairkanto.jp/seminars/otseminar/

 

 

 

 

参考文献:

1)山口光圀ら著(2009) 結果の出せる整形外科理学療法学  メジカルビュー社

2) 園部 俊晴    運動連鎖を応用した動作分析     ジャパンライム株式会社

 

IAIR公式メルマガにご登録ください!

IAIRニュース

・IAIRコンセプトとアプローチについて
・IRTについて
・CVAに対するアプローチについて
・セラピストの為のセルフコンディショニングについて
・女性セラピストについて
・統合医療とリハビリテーションについて
・リハビリ職者の為のマネジメント講座
・リハビリ現場でのアロマ活用について
・IAIR Radioの配信情報
・無料動画セミナーの配信情報
・認定講座の案内、割引情報
が今後配信されます。
  *Gmail等、PCメール推奨です。

コメントを残す